アメリカの人気のサプリをロサンゼルスより直送!
サプリメント通販サプー

最短5日でお届け

還元型コエンザイムQ10とは?
一般的なCoQ10との違い

最終更新日:2021-04-05

アンチエイジング成分として注目を集めているコエンザイムQ10はご存知でしょうか。コエンザイムQ10には「酸化型」「還元型」の2種類があります。今までサプリメントなどで用いられるコエンザイムQ10のほとんどは「酸化型」でした。今回は、近年増えている「還元型コエンザイムQ10と従来型の違い」についてコエンザイムQ10の働きと一緒にご紹介します。

還元型コエンザイムQ10とは?とは?CoQ10サプリメント還元型コエンザイムQ10とは?CoQ10サプリメント
還元型コエンザイムQ10とは?とは?CoQ10サプリメント

動画でもご紹介しています

コエンザイムQ10には「酸化型」「還元型」があります。

サプー公式Youtubeでも、「還元型コエンザイムQ10と従来型の違い」と「どちらがおすすめか」というポイントについてご紹介しています!ぜひチェックしてみてください♪

1.コエンザイムQ10とは

コエンザイムQ10とはコエンザイムQ10とは

コエンザイムQ10(CoQ10)は、私たちの体中の約60兆個ある細胞ひとつひとつに存在している、補酵素と呼ばれる脂溶性の物質です。医薬品やサプリメント、化粧品の成分として、幅広い分野で利用されています。


コエンザイムQ10は、私たちの体内では特にエネルギーを必要とする心臓の筋肉や、骨格筋、肝臓や腎臓の細胞に多く存在しています。

コエンザイムQ10は、体内でエネルギーを作るために必要不可欠な成分です。

20代をピークにその量は減り、60代では赤ちゃんの頃の約半分にまで減少すると言われているため、最近では積極的に補うことが推奨されています。


コエンザイムQ10は、細胞エネルギーを作りだして全身の元気をサポートする大切な働きを持ち、年齢による疲れやすさのケアや、疲労回復効果が期待されています。

また、コエンザイムQ10は、化パワーで、紫外線やストレスなどで体内に発生する活性酸素のダメージから体を守る働きもあります。

私たちの体の中の細胞は年齢を重ねるごとに「活性酸素」によって酸化が進み錆びていきます。

私たちが酸素を必要として生きている以上は避けられないことですが、コエンザイムQ10は、その体内の活性酸素を取り除き、私たちの身体を錆びから守ってくれるのです。


このように、コエンザイムQ10は、体の老化のもととなる活性酸素を抑制したり、細胞エネルギーを活性化させるため、若々しい体作りのサポートに人気です。


さらに、この疲労回復やアンチエイジングの他、コエンザイムQ10は、美肌効果やリフトアップ、ダイエット、心血管の健康維持、歯周病のケア、妊活における精子や卵子の質サポート等、様々な働きや効果に期待されています。


■ ミトコンドリアで働くコエンザイムQ10

コエンザイムQ10は、私たちの体内に存在するミトコンドリアというエネルギーを製造する器官で働いているため、私たちの体内エネルギーの生成に欠かせない成分と言われています。

ミトコンドリアは、食事から得た糖や脂質などの栄養素を摂りこみ、エネルギーに変換するエネルギー生産工場のような役割を持っています。

このミトコンドリアの中に存在するコエンザイムQ10は、エネルギー生産工場の作業員の様に働いています。


つまり、コエンザイムQ10が不足すると、いくら糖や脂質の代謝を助ける成分を摂っても、うまくエネルギーを作り出すことが出来ないと言われています。

体内のコエンザイムQ10が増えて、効率的にエネルギーを作れるようになれば、疲れにくく、太りにくい代謝の良い身体を手に入れることが出来るかもしれません。


■ コエンザイムQ10は、化粧品としても人気

コエンザイムQ10は、肌、表皮においても、ハリやうるおいを生み出す大切な役割を持っています。

年齢とともに減少する体内のコエンザイムQ10の量は、肌の見た目にも影響を与えます。

その為、コエンザイムQ10は、乾燥などによるシワ対策や、顔のハリやツヤ感のサポート、そしてリフトアップにも期待がされています。


さらに、コエンザイムQ10は、紫外線などによる肌細胞のダメージを防ぐ「抗酸化」にも優れた力を持っている為、将来の肌老化を遅らせてくれる働きもあると言われています。

コエンザイムQ10は、エイジングケア用のハンドクリームや化粧水、石鹸など幅広い用途で使用されています。


2.還元型コエンザイムQ10は何が違うの?

還元型CoQ10と酸化型CoQ10還元型CoQ10と酸化型CoQ10

ここでは還元型コエンザイムQ10と従来型の違いについてご紹介します。

コエンザイムQ10には「酸化型」と「還元型」が存在します。 従来の「還元型」と書かれていないCoQ10サプリメントに使われているコエンザイムQ10は、ほとんどが「酸化型」と呼ばれるものです。


■ 酸化型と還元型の違い

酸化型
酸化型は「従来型」と呼ばれることもあり、小腸に吸収される際に還元型コエンザイムQ10に変換されます。

コエンザイムQ10を還元型に変換する力は、人によって異なり、変換率は加齢やストレスなどにより低下してしまいます。酸化型コエンザイムQ10は、還元型と比べて比較的リーズナブルです。



還元型
もともと私たちの体内にあるコエンザイムQ10は「還元型」として存在しています。

その為、還元型コエンザイムQ10は酸化型に比べ、吸収のために小腸内で「還元型」に変換される必要がないため、そのまま吸収され、体内で効率よくエネルギー産生をサポートできると言われています。還元型コエンザイムQ10は、酸化型と比べて高価な傾向があります。



3.コエンザイムQ10の働き

コエンザイムQ10は、人の体内で生成できる物質で、健康な人ほど体の中にたくさん含まれています。主な働きは、栄養をエネルギーに変える「エネルギー生産」と、体をサビから守る「抗酸化」があります。


■ 疲労回復

疲労回復疲労回復

コエンザイムQ10には、エネルギーを作り出す働きから疲労回復が期待されています。

エネルギーを作り出す力が低下すると、体の様々な臓器や組織の働きが弱くなり、病気や老化の原因につながります。

コエンザイムQ10を摂取することにより、効率良くエネルギーがつくられるため、疲れにくく若々しい体を維持することができます。


■ 肌の老化を防ぐ

肌老化を防ぐ肌老化を防ぐ

紫外線やストレスで体内に発生する活性酸素は肌老化を引き起こし、シミやシワ、たるみなどの原因となります。

コエンザイムQ10は、肌老化のもととなる活性酸素を防ぐほか、細胞を活性化して肌のキメを整えたり、ハリ感やリフトアップのサポートに期待されています。コエンザイムQ10は、若々しい肌作りに愛用者の多い成分です。


■ 心血管サポート

コエンザイムQ10は、心筋細胞に取り込まれると細胞代謝を活性化し、心筋の収縮力を増大させると言われています。

その為、心疾患や心臓手術の合併症のリスクを軽減するとして、心不全のケアや心血管の健康維持、循環器機能の改善に用いられてきた成分です。

また、コエンザイムQ10は、外来種の猫に起こりやすい疾患でもある心臓肥大ケアとして動物用のサプリメントとしても用いられています。


■ 妊活をサポート

妊活サポート妊活サポート

コエンザイムQ10は、不妊治療の分野でも注目されており、卵子の成熟や精子の運動率に関わるとして研究が進められています。

最近、卵子の劣化や精子の老化には、ミトコンドリアの機能低下と活性酸素が大きく影響しているとわかり、妊活方法のひとつとして、体を動かすエネルギーを産生するミトコンドリアの活性化が注目を集めています。

強い抗酸化作用を持ち、細胞の活性化を助けるコエンザイムQ10を継続的に摂ることで、卵子や精子の中に元気なミトコンドリアを増やして精子の運動率や卵子の質を高めてくれると言われています。


■ 歯周病ケア

最近では、コエンザイムQ10による口腔ケアも注目を集めています。

コエンザイムQ10は年齢と共に減少しますが、口内トラブルも加齢と共に増えてくると言われています。歯周病、口臭、味覚障害、ドライマウスなどで老化を自覚する方も多いと言われています。

細胞活性化や体の老化のもととなる活性酸素を防ぐコエンザイムQ10は、唾液腺の劣化を防ぐと言われ、実際にコエンザイムQ10とプラシーボ剤での比較実験において、口臭やプラークの付着を減少させるという研究報告もされています。


■ ダイエットサポート

ダイエットサポートダイエットサポート

コエンザイムQ10は、糖や脂質が運ばれてエネルギーに変換される器官である、細胞内のミトコンドリアでエネルギーの産生を手伝っています。

エネルギーに変換されなかった糖や脂質は、体内に脂肪として蓄積されます。代謝の良い太りにくい体作りには、糖や脂質をミトコンドリアに届きやすくするほか、ミトコンドリアが効率よくエネルギーを生成できるようにする必要があります。

その為、ミトコンドリア内で働くコエンザイムQ10を摂取することで、体内に取り込んだ栄養素を効率よくエネルギーに変えることが出来るため、コエンザイムQ10はダイエットサポートに期待されています。

ダイエット目的でコエンザイムQ10サプリを取り入れる場合は、糖や脂質の代謝を助けミトコンドリアに運ぶ役割のある、Lカルニチンアルファリポ酸(αリポ酸)と併用することがおすすめです。


4.コエンザイムQ10の1日の摂取量

コエンザイムQ10の1日の摂取量コエンザイムQ10の1日の摂取量

コエンザイムQ10の1日の摂取量は、60mg~300mgが推奨されています。

これはコエンザイムQ10の種類によっても左右され、医薬品として販売されているものは1日30mgの用量が推奨されているものも存在します。


日本人が普通の食事量で摂取できるのは、1日で約2~5mg程と言われ、コエンザイムQ10の摂取量としては十分とはいえません。

そのため、不足分を補うために、サプリメント等を上手に活用することがおすすめです。

コエンザイムQ10の摂取タイミングは、食後がおすすめです。 コエンザイムQ10は、脂溶性のため、油分を含んだ食事を摂った後に摂ることで、より良い吸収率が期待されます。


5.コエンザイムQ10を含む食材

コエンザイムQ10を含む食材コエンザイムQ10を含む食材

コエンザイムQ10は体内にもともと存在していますが、加齢とともに減少するため食品類から摂取することが必要です。

コエンザイムQ10を含む食品は、下記のようなものがあります。


・牛肉

・豚肉

・鶏肉

・サバ

・イワシ

・イカ

・大豆油

・ゴマ油


植物油のコエンザイムQ10量も比較的高いですが、肉類と比べると少なく、日本人の食生活ではコエンザイムQ10の40%は肉類から摂取していると言われています。

しかし、肉類の摂取量は加齢とともに減少していき、体内のコエンザイムQ10の量も減少します。


体に必要なコエンザイムQ10を食べ物で補うのは難しいと言われている為、コエンザイムQ10の不足を補いたい場合はサプリメントの活用がおすすめです。

従来型のコエンザイムQ10は、体内で還元型に変換され吸収されますが、その変換率はストレスや加齢などで左右されます。

変換率の低さや吸収率が気になる場合は、還元型コエンザイムQ10か、高配合のコエンザイムQ10サプリを選んでみてください。


還元型コエンザイムQ10は、吸収性が良い反面、少しまだ価格が高い傾向にあります。

しかし、アメリカのコエンザイムQ10サプリは成分が高配合のものも比較的安価で手に入るので、価格を抑えつつCoQ10を摂取したいという方におすすめです。


4.コエンザイムQ10の注意点

コエンザイムQ10の注意点コエンザイムQ10の注意点

コエンザイムQ10は、過剰摂取したからといって重篤な副作用はありませんが、稀に下痢やめまい、疲労、頭痛、嘔吐のような不調が現れる場合があります。過剰に摂取しないようにしましょう

また、病気などで薬を常用されている方は注意が必要なこともあります。血液を固まりにくくするワーファリンは、コエンザイムQ10がその作用を弱めることが分かっています。

場合によっては薬の効き目を弱めたり、反対に強めてしまったりする可能性がありますので、処方箋を使用している方はお医者様に相談するようにしてください


5.まとめ

コエンザイムQ10には「酸化型」と「還元型」があることをご説明しました。コエンザイムQ10は、私たちの身体を若々しく保つ上で大切な役割を担っています。

従来型のコエンザイムQ10と還元型コエンザイムQ10はそれぞれ特徴がありますので、続けやすい方を選ぶことがおすすめです。コエンザイムQ10でいつまでも若々しい体作りをしましょう。

サプリメントアドバイザー 上田

こちらの記事もおすすめ

ニキビができたときのセルフケア!食事や睡眠、お手入れの注意点

誰もが一度は悩んだことがあるお肌のトラブルといえば「ニキビ」だと思います。肌質、体質などによって、ニキビができやすい人とそうでもない人がいますが、日々のスキンケアと規則正しい生活習慣で…

2020-12-09

コラーゲンとヒアルロン酸の違い。どちらを選べばいい?

美肌づくりに欠かせない「コラーゲン」と「ヒアルロン酸」という言葉はよく聞くものの、この二つの性質や働きかけはご存知でしょうか。どのような相違点があるか、どんな人におすすめなのか…

2020-12-09

第一印象は目が大事!目元のたるみとクマ

人の第一印象は「顔」が大きな割合を占めていますが、その中でも「目」が印象を大きく左右すると言われています。しかし、目元の皮膚は他に比べて薄くできており、スキンケアを怠ると老化が進みやすい場所です。

2020-07-21

見た目年齢を若々しく!しわ・たるみはどうケアする?

同年代なのにものすごく若く見える人っていますよね。実年齢よりも見た目年齢を若々しくするためには、しわやたるみなどの毎日のケアが大切です。今回は、若々しく見られるための肌ケア方法をご紹介していきます。

2020-12-09

サプリメントコラム一覧へ

ご購入前の注意事項

ご購入についての注意事項
・為替変動やセールにより、商品価格は予告なしに変更する場合があります。
・サイト上の商品情報は最新であるよう努めておりますが、メーカー側で予告なく変更される場合がございます。
パッケージ(英文)とHPの日本語表記が違う場合は、パッケージ優先とさせていただきます。
・ご注文後に製造中止や入荷未定、入荷遅れとなる場合があります。
個人輸入についての注意事項
・個人輸入で購入された商品は、自己責任による「個人使用」のみ許可されています。
第三者への譲渡・転売は法律により禁止されています。
・個人輸入では、一度に購入できるように制限があります。規制の範囲内でご購入下さい。

個人輸入について
サプリメントの使用についての注意事項
・サプリメントは栄養補助食品であり、特定の病気を治療することを目的とした製品ではありません。ご購入から使用まですべて自己責任となりますことをご了承ください。
・医師による治療を受けていたり、処方箋薬を使用している場合は、医薬品との相互作用が生じる可能性がありますので、必ず担当医師の指導を受けてください。
特に自己判断で治療・医薬品の使用を中止し、サプリメントを代替に 使用する行為は絶対に行こなわないでください。
・メーカーが定めた用法の範囲内でお飲みください。
・体調や体質によってお体に合わないことがあります。その際はすぐに使用を中止し、医師にご相談ください。
・アメリカでは食品と認められていても、日本では医薬品にあたる成分が含まれる商品があります。成分に不安がある際は、担当医師にご相談ください。

ページの先頭へ