アメリカの人気のサプリをロサンゼルスより直送!
サプリメント通販のサプー

最短5日でお届け

カフェインって体に良いの?悪いの?

最終更新日:2020-08-18

カフェインといえば、コーヒーに多く含まれているということは、みなさんご存知なのではないでしょうか。カフェインは、身体に良い効果、悪い効果もよく耳にしますが、本当のところどうなのでしょうか。今回は、カフェインについてご紹介します。

カフェインって体に良いの?悪いの?エナジードリンクカフェインって体に良いの?悪いの?エナジードリンク
カフェインって体に良いの?悪いの?エナジードリンク

1.カフェインは身体にいいの?

結論を先に言うと、適量のカフェインは大半の人に良い効果があると言えます。

ただし、摂取量や体質、年齢などによって異なるため、カフェインのメリットやデメリットについて詳しく紹介していきます。

2.カフェインのメリット・デメリット

カフェインとは、コーヒー豆や茶葉、カカオ豆などに含まれている天然成分です。


身体にはいった後、腸から血液の中にいきわたり、全身に働きかけます。
一杯のコーヒーを飲んで得られるカフェインは、20分~30分ほどで脳に届き、1時間ほどで全身に行きとどくとされています。身体に取り込まれたカフェインは、身体で分解された後、作用が5時間続きます。

メリット

覚醒作用
適量の摂取であれば、脳を活性化させ、眠気覚ましや集中力アップに期待されます。

鎮痛作用
血管を収縮させる働きで、血管の拡張によって起こる頭痛のケアに期待され、頭痛薬や風邪薬の成分としてもカフェインが使用されています。

利尿作用
カフェインは、一時的に血圧を上昇させる傾向がありますが、尿の量を増やし、血液中から水分を減らすことで血圧を下げることにも期待されています。

デメリット

イライラの原因
あくまで過剰摂取した場合ですが、イライラの原因や不安感に襲われることがあります。

胃痛
胃酸の分泌が促進されることにより、胃粘膜傷害を引き起こしやすいため、少しのカフェインでも胃痛を訴える人もいます。

動悸
心拍数が上がったり、血管が収縮して血圧が上がったりすることは、一時的な運動能力アップに繋がりますが、体質によって過度な緊張により動悸を起こすこともあります。

3.カフェインの正しい摂り方

適正量

厚生労働省と食品安全委員会によると、日本では、カフェインの食品添加物としての使用量や、1日当たりの摂取許容量の基準はありません。
ただ、欧州食品安全機関(EFSA)では、カフェインの安全性に関する科学的意見書を公表しおり、それによると、健康な成人では、1回あたり200mgであれば急性毒性の懸念は生じないと言われています。 カフェインが豊富なコーヒーで換算すると、1日あたり3杯程度です。

朝、昼寝前に摂る

朝の眠気覚ましに摂取したり、昼寝前にお飲みいただくことで、午後からの集中力アップに期待できます。

乳製品と一緒に摂る

牛乳やヨーグルトなどの乳製品と一緒にとることで、吸収が穏やかになり、カフェインの作用が続きます。

時間を空けて飲む

コーヒーを1日2杯以上飲む場合には、時間を空けて飲む用にしましょう。体内に吸収されたカフェインの血中濃度が高くなるのが摂取後30分ほどです。分解が進んでいないままさらに摂取すると、血中濃度が高くなり、影響を受けやすくなります。

4.まとめ

カフェインは、適正量を守れば身体にとって嬉しい働きがたくさんあります。1日に過剰摂取しすぎないことを意識しましょう。また、作用や身体に出る影響は、個人差がありますので、基本情報を参考に、体調に合わせて、ご自身の身体に合う量やタイミングを調整することが大切です。

サプリメントアドバイザー 北山

こちらの記事もおすすめ

夜型生活から脱却し、朝型生活への切り替え方

数年前から注目が集まっている「朝活」。過去に比べるとだんだんと早寝早起きの割合が増え、世間的に朝型生活への関心が高まっています。しかし、朝型生活に切り替えたくても途中で挫折してしまった…

2020-08-18

「サルコペニア」「フレイル」とは?

年齢を重ねると、体力落ちたり、食が細くなったりと感じることがあると思います。原因として全身の筋力の低下や身体機能の低下が考えられますが、それらを「サルコペニア」「フレイル」と呼びます。

2020-08-18

糖質は太りやすい?血糖値をコントロールする賢い食べ方とは

ダイエットといえば「糖質制限」や「断食」など、食べる量を制限するダイエットが流行傾向にありますよね。では、なぜ糖質が太りやすいのかご存知でしょうか?本気でダイエットをしたいのであれば…

2020-08-18

ダイエット&免疫アップに期待。基礎代謝を上げて健康生活を送る方法!

30代、40代になってから「ダイエットをしても痩せにくくなった」「食べる量は変わらないのに、最近太ってきた」と感じたことはありませんか?もしかするとそれは、基礎代謝が原因原因かも。基礎代謝を…

2020-08-18

サプリメントコラム一覧へ

ご購入前の注意事項

ご購入についての注意事項
・為替変動やセールにより、商品価格は予告なしに変更する場合があります。
・サイト上の商品情報は最新であるよう努めておりますが、メーカー側で予告なく変更される場合がございます。
パッケージ(英文)とHPの日本語表記が違う場合は、パッケージ優先とさせていただきます。
・ご注文後に製造中止や入荷未定、入荷遅れとなる場合があります。
個人輸入についての注意事項
・個人輸入で購入された商品は、自己責任による「個人使用」のみ許可されています。
第三者への譲渡・転売は法律により禁止されています。
・個人輸入では、一度に購入できるように制限があります。規制の範囲内でご購入下さい。

個人輸入について
サプリメントの使用についての注意事項
・サプリメントは栄養補助食品であり、特定の病気を治療することを目的とした製品ではありません。ご購入から使用まですべて自己責任となりますことをご了承ください。
・医師による治療を受けていたり、処方箋薬を使用している場合は、医薬品との相互作用が生じる可能性がありますので、必ず担当医師の指導を受けてください。
特に自己判断で治療・医薬品の使用を中止し、サプリメントを代替に 使用する行為は絶対に行こなわないでください。
・メーカーが定めた用法の範囲内でお飲みください。
・体調や体質によってお体に合わないことがあります。その際はすぐに使用を中止し、医師にご相談ください。
・アメリカでは食品と認められていても、日本では医薬品にあたる成分が含まれる商品があります。成分に不安がある際は、担当医師にご相談ください。

ページの先頭へ