アメリカの人気のサプリをロサンゼルスより直送!
サプリメント通販のサプー

最短5日でお届け

食後の眠気の原因は血圧や血糖値?
昼間に起こる眠気の対策方法

最終更新日:2020-08-18

食後に眠くなったり、だるくなったりする経験はありますか?誰でもお腹がいっぱいになると、多少の眠気は出るものですが、耐えられないくらいの睡魔に襲われる場合は、体の不調のサインかもしれません。今回は、そんな血圧や血糖値と密接な関係があると言われている食後の眠気の原因と対策方法についてご紹介します。

昼間に起こる眠気の対策方法・カルシウムサプリメント昼間に起こる眠気の対策方法・カルシウムサプリメント
昼間に起こる眠気の対策方法・カルシウムサプリメント

1.血圧と眠気の関係

眠気が起こりやすいのは、低血圧の人というイメージがありますが、実は高血圧も眠気を感じる原因になります。それぞれの眠気の原因をご紹介します。


低血圧

低血圧の人に起こる眠気は、主に血流の悪さが原因として挙げられます。
低血圧は血流が悪く、脳が酸素不足になりがちです。その為、朝の目覚めがスッキリしなかったり、昼間に眠気を感じることが多いと言われています。
また、低血圧は自律神経がうまく働かず、覚醒とリラックスの切り替えをしにくいため、起きていなければいけないときに眠くなってしまう場合もあるようです。


高血圧

高血圧になると、正常な血圧の人と比べて、緊張や覚醒を司る交感神経が活発になると言われています。そのため、血圧が高い人は、就寝時であってもリラックスできず血圧も下がりにくいと言われています。就寝時にリラックス状態になりにくいため、高血圧の人は寝つきや睡眠の質が悪くなり、日中に睡魔に襲われやすい場合がります。


2.血糖値と眠気の関係

昼間の眠気は、低血糖の人や糖尿病になりやすい高血糖の人も引き起こしやすいと言われています。


低血糖

低血糖とは、血液中の“糖”が足りなくなった状態のこと。一般的に血糖値が70mg/dl以下になることを指します。体内の糖が足りなくなり低血糖になると、頭の回転が遅くなったり、眠気を引き起こします。
朝食を抜くなどの不規則な食生活をしていたり、炭水化物ダイエットなどの無理な糖質制限をすることで、低血糖になると言われています。身体を動かすために必要な糖質が足りないことで、疲労感や脱力感が抜けず、眠くなってしまいます


高血糖

食後に急激に眠くなるのは、糖質の取り過ぎによる高血糖のサインの可能性もあります。食事で摂取した炭水化物などの糖質を処理しきれず、その結果、血糖が急激に上昇してしまうことで過血糖となり、ひどい眠気やだるさを感じる場合があります。
また、沢山食べていないのにひどい眠気に襲われる場合は、血糖値の上昇を抑えられなくなる「糖尿病」の初期症状の可能性があると言われています。炭水化物を控えれば眠くならない場合は、高血糖を疑ってみてください。

3.原因別!眠気の対策方法

日中や食後は眠いからといって、寝ていい環境にいるとは限りません。
そんな時に簡単にできる対処法と、眠気を引き起こさない対策方法をご紹介しますので、眠くなった時に実践してみてください。


簡単にできる対処法

カフェインをとる
コーヒーなどのカフェインの効果を利用して、眠気を吹き飛ばしましょう。過剰摂取には注意が必要です。

体を動かす
デスクワークなど運動不足気味の方は、昼休みに散歩に出るなど積極的に身体を動かすことを心がけてみましょう。


低血圧さんの対策方法

日光を浴びる
自律神経が乱れがちな低血圧さんは、朝に日光を浴びることで体内リズムが整いやすくなります。

ストレスケアをする
ストレスが溜まっていると、自律神経が乱れる原因となります。自分に合ったストレスケア方法を見つけましょう。

有酸素運動をする
有酸素運動をすることで、血流を良くし低血圧の症状そのものを緩和にもつながると言われています。


高血圧さんの対策方法

ミネラルやデトックス成分をとる
食物繊維カリウムカルシウムを多く含んだ食べ物を積極的に摂りましょう。毎日の食事で補うことが難しい場合は、サプリメントの利用もおすすめです。

睡眠の質を高める
高血圧の人の昼間の眠気は、睡眠不足によるものがほとんど。寝る前にリラックスできるよう、ラベンダーカモミールのアロマを使ってみたり、トリプトファンを多く含む牛乳などを就寝前に活用してみてください。


低血糖さんの対策方法

朝ご飯をしっかり食べる
低血糖による眠気や倦怠感は、糖質不足によって引き起こされます。仕事前の朝食としてパンやごはんをはじめとする糖質を野菜などと一緒にしっかりとりましょう。

ブドウ糖を補給する
低血糖状態に陥ってしまったら、吸収やエネルギー代謝の早いブドウ糖を取りましょう。ハチミツや、蜂蜜入りの飴、ブドウ糖入りドリンクがおすすめです。


高血糖さんの対策方法

糖質をとりすぎない
パンや白米などの炭水化物、糖分の多い飲み物やお菓子などは、血糖値を急激に上げるため、たんぱく質や野菜を多く取って糖質を抑えるようにしましょう。

食べる順番に気を付ける
空腹時に糖質をいきなりお腹に入れると血糖値が急上昇します。まずは、消化に時間がかかる食物繊維から。野菜がない場合も、たんぱく質をパスタやお米などの炭水化物の前に食べるようにしましょう。

適度な運動
ウォーキングなどの軽い運動を習慣的に行うと糖尿病の予防に効果的と言われています。

ストレスをためない
ストレスは血圧だけでなく、血糖を上昇させます。ストレスから解放される時間づくりを心掛けてみましょう。


4.眠気におすすめのツボ3つ


中指の爪の生え際
中指の爪の生え際より2~3mm下にある「中衝(ちゅうしょう)」というツボを、深呼吸をしながら強く押します。


手の中心
こぶしを握った時に、中指と薬指が当たる手のひらの中心にある「労宮(ろうきゅう)」というツボを、もう片方の手の親指でぐりぐりと刺激します。


目頭
目頭の近くにある「清明(せいめい)」というツボを人差し指と親指で優しくつまんで引っ張るイメージで刺激します。目の粘膜や眼球を傷つけないように注意してください。


5.まとめ

昼食後に起こる軽い眠気は、自然なものと言われています。ただひどい眠気に襲われる場合は、血圧や血糖値異常のサインかもしれません。日頃の生活習慣を見直すことで改善ができる場合もありますので、自分の眠気の原因を見つけて対策法を実践してみてくださいね。また眠気がひどく、日常生活に異常をきたす場合は、なるべく早く専門医による診断を受けることがおすすめです。

サプリメントアドバイザー 岩元

こちらの記事もおすすめ

ダイエット&免疫アップに期待。基礎代謝を上げて健康生活を送る方法!

30代、40代になってから「ダイエットをしても痩せにくくなった」「食べる量は変わらないのに、最近太ってきた」と感じたことはありませんか?もしかするとそれは、基礎代謝が原因原因かも。基礎代謝を…

2020-08-18

ぬるめのお風呂で改善!「冷えのぼせ」の原因とは

手足は冷えているのに、顔は熱いという状態を「冷えのぼせ」といいます。冷えのぼせは冷え性が悪化した時に起こる症状と言われています。今回は、冷えのぼせの原因と自宅でできる簡単対策法をご紹介します。

2020-08-18

疲労回復に良い食べ物!疲れを感じた時におすすめの食材と食べ方

最近、疲れやすくなったと思うことはありませんか?多忙やストレス、ハードな運動などで感じる疲労には、ゆっくり休むのはもちろん、身体の内側から元気になれる食べ物を摂り入れるのがおすすめです。

2020-08-18

生活習慣病・認知症の予防に!血管を若く健康に保つ方法

血管年齢という言葉があるように、若々しく健康な血管を保つことは、老化促進や病気のリスクを下げ、体全体の健康につながります。今回は、うまく取り組んで血管年齢を若返らせる、血管を健康に…

2020-08-18

サプリメントコラム一覧へ

ご購入前の注意事項

ご購入についての注意事項
・為替変動やセールにより、商品価格は予告なしに変更する場合があります。
・サイト上の商品情報は最新であるよう努めておりますが、メーカー側で予告なく変更される場合がございます。
パッケージ(英文)とHPの日本語表記が違う場合は、パッケージ優先とさせていただきます。
・ご注文後に製造中止や入荷未定、入荷遅れとなる場合があります。
個人輸入についての注意事項
・個人輸入で購入された商品は、自己責任による「個人使用」のみ許可されています。
第三者への譲渡・転売は法律により禁止されています。
・個人輸入では、一度に購入できるように制限があります。規制の範囲内でご購入下さい。

個人輸入について
サプリメントの使用についての注意事項
・サプリメントは栄養補助食品であり、特定の病気を治療することを目的とした製品ではありません。ご購入から使用まですべて自己責任となりますことをご了承ください。
・医師による治療を受けていたり、処方箋薬を使用している場合は、医薬品との相互作用が生じる可能性がありますので、必ず担当医師の指導を受けてください。
特に自己判断で治療・医薬品の使用を中止し、サプリメントを代替に 使用する行為は絶対に行こなわないでください。
・メーカーが定めた用法の範囲内でお飲みください。
・体調や体質によってお体に合わないことがあります。その際はすぐに使用を中止し、医師にご相談ください。
・アメリカでは食品と認められていても、日本では医薬品にあたる成分が含まれる商品があります。成分に不安がある際は、担当医師にご相談ください。

ページの先頭へ