アメリカの人気のサプリをロサンゼルスより直送!
サプリメント通販サプー

最短5日でお届け

コラーゲンの基礎知識。
その種類と働きとは?

最終更新日:2020-08-18

若々しい肌に欠かせない「コラーゲン」。サプリメントやコラーゲンドリンクを、なんとなくお肌の為に飲んでいるという方は意外と多いのではないでしょうか?今回は、そのコラーゲンの基礎知識と効率の良い摂取方法についてご説明します。

コラーゲンの種類と働き。コラーゲンサプリメントコラーゲンの種類と働き。コラーゲンサプリメント
コラーゲンの種類と働き。コラーゲンサプリメント

1.コラーゲンとは

コラーゲンとは、私たちの身体で皮膚や靱帯、骨、軟骨などを構成するタンパク質のひとつ。皮膚のハリと弾力を保つ働きをしているため、特に美容のために積極に補う方が多い成分です。

コラーゲンは、30代以降から減り始め、50 歳以降は体内のコラーゲンが急激に減少すると言われています。年齢を重ねるごとにタンパク質合成機能が弱くなったり、動物性食品の摂取が少なくなることが原因と考えられています。

皮膚だけでなく骨や軟骨など全身に分布するコラーゲンの不足は、シワやたるみの原因になるだけでなく、骨粗鬆症や関節炎を悪化させてしまう場合もあると言われています。


コラーゲンを含む食べ物
豚足、鶏の皮、手羽先、すっぽん、牛スジ、
ゼラチン、ゼリー、グミ等

2.コラーゲンの種類と働き

人間の体内には、全29種類のコラーゲンがあります。
今回は、その中でも特に重要と言われている「Ⅰ型」「Ⅱ型」「Ⅲ型」「Ⅶ型」のコラーゲンをご紹介します。


Ⅰ型コラーゲン

Ⅰ型コラーゲンは、皮膚の真皮、腱、骨などに存在し、人の体に最も豊富に含まれるコラーゲンです。
皮膚のコラーゲンの90%はⅠ型といわれ、肌のハリは主にⅠ型とⅢ型によって支えられていると言われています。


Ⅱ型コラーゲン

Ⅱ型コラーゲンは、関節軟骨に存在するコラーゲンです。
関節での衝撃を吸収してくれる軟骨は、約80%がⅡ型で構成されています。将来の関節痛予防や、節々の動かしにくさを感じる場合は、積極的にⅡ型コラーゲンを摂取することがおすすめです。


Ⅲ型コラーゲン

Ⅲ型コラーゲンは、臓器や血管などに含まれ、組織に柔軟性を与えるといわれています。
Ⅲ型コラーゲンは、Ⅰ型とバランスよく真皮内に存在することで肌の若々しさを保っていますが、加齢と共にⅢ型の比率が減少しやすくなり、肌老化につながると言われています。


Ⅶ型コラーゲン

Ⅶ型コラーゲンは、基底膜と真皮との間に存在するコラーゲンです。
皮膚の構築を維持する重要な役割があると言われています。また、Ⅶ型コラーゲンは、シワなどの原因となる肌老化を防ぐ働きのある成分を形成すると言われています。


*加齢に伴うⅢ型コラーゲン/Ⅰ型コラーゲンの比率の減少メカニズム
*『Cosmetology』第12号(2004年発行)

3.1日に必要なコラーゲンの量

コラーゲンの1日当たりの摂取目安量は、5〜10gと言われています。

摂りすぎたコラーゲンは肥満の原因になるため、適量がおすすめです。

最近の研究ではコラーゲンを摂取すると、体内コラーゲン量を調節する酵素が活性化され、体内の不足したコラーゲンが補われやすくなると言われています。

少量でも良いので、毎日続けてコラーゲンを補うことが大切です。

4.おすすめのコラーゲン摂取方法

コラーゲンも、他の栄養素と同じように毎日の食事から適量を補えることが理想です。

食べ物から摂ったコラーゲンは、体内で他の栄養素の力を借りながら消化・分解されコラーゲンペプチドとして吸収されてから、体内で再合成されます。

年齢と共に、体内のタンパク質の分解機能が鈍くなるため、プロテアーゼなどのタンパク質分解酵素や、体内のコラーゲン合成を助けるビタミンCを一緒に摂り入れることがおすすめです。

5.コラーゲンサプリの種類と摂取時間

コラーゲンは、1日の摂取目安を毎日補いたいという場合は、食べ物から摂ることは難しいと言われています。

減ってしまったコラーゲンを積極的に補うには、サプリメントがおすすめです。


食べ物に含まれるものは、大体Ⅰ型が多いですが、サプリメントでは、必要な量のコラーゲンをバランスよく補うことが出来ます。

サプリメント等に含まれるコラーゲンには、牛や豚から抽出された人間のコラーゲンと近い構造をもつ「動物性コラーゲン」と、魚の皮やウロコを原料にした「海洋コラーゲン(フィッシュコラーゲン)」の2種類があります。

最近よく聞く、「植物性コラーゲン」は植物の細胞をつなぎとめる「セルロース(食物繊維)」のことなので、厳密にはコラーゲンではないと言われています。


また、コラーゲンサプリメントの摂取時間は、就寝前の1時間ほど前がおすすめです。寝ている間に成長ホルモンがコラーゲンの合成を促進してくれると言われているためです。寝る時間も、成長ホルモンが活発に働くゴールデンタイム(23時頃)までに寝れると良いですね。

6.まとめ

コラーゲンは、体を構成するタンパク質の約30%を占める大切な成分です。体内のコラーゲンは、20代をピークに年々減少し、50代以降は急激に減ると言われているため、積極的にサプリメントや食事で補うことも大切です。若々しい肌や関節軟骨の維持に必要不可欠なコラーゲンの性質や効率の良い摂取方法を知って、毎日の生活に上手に取り入れましょう。

サプリメントアドバイザー 岩元

こちらの記事もおすすめ

勉強・仕事の集中力が続かない方必見!今すぐできる、集中力を高める方法

「なかなか集中できない」「集中しても続かない」といった経験は、誰にでもあるのではないでしょうか。今回は、そんな時に試せる集中力を高める方法と、集中力アップに人気の栄養素ついてご紹介します。

2020-08-18

アツアツご飯はNG!効果的な納豆の食べ方(ナットウキナーゼ)

炊きたてのアツアツご飯と納豆は、王道の組み合わせですが、実は納豆のメリットを十分に活かしていない食べ方と言われています。今回は、血液サラサラ、血栓予防に人気の納豆成分を効率よく摂取できる…

2020-08-18

酵素の力!「パパイン」と「ブロメライン」の違い

日本でも、人気の酵素「パパイン」と「ブロメライン」。一口に“酵素”といっても、実はそれぞれの酵素の働きには明確な違いがあります。今回は、パパイン酵素とブロメライン酵素の違いについてご紹介します。

2020-08-18

免疫ミルク「コロストラム」と「ラクトフェリン」の違い

免疫アップに良い食品を…と探したときによく目にする「コロストラム」と「ラクトフェリン」。どちらも母乳にかかわる成分ですが、その違いをご存知ですか?今回は、免疫アップに人気の「コロストラム」と…

2020-08-18

サプリメントコラム一覧へ

ご購入前の注意事項

ご購入についての注意事項
・為替変動やセールにより、商品価格は予告なしに変更する場合があります。
・サイト上の商品情報は最新であるよう努めておりますが、メーカー側で予告なく変更される場合がございます。
パッケージ(英文)とHPの日本語表記が違う場合は、パッケージ優先とさせていただきます。
・ご注文後に製造中止や入荷未定、入荷遅れとなる場合があります。
個人輸入についての注意事項
・個人輸入で購入された商品は、自己責任による「個人使用」のみ許可されています。
第三者への譲渡・転売は法律により禁止されています。
・個人輸入では、一度に購入できるように制限があります。規制の範囲内でご購入下さい。

個人輸入について
サプリメントの使用についての注意事項
・サプリメントは栄養補助食品であり、特定の病気を治療することを目的とした製品ではありません。ご購入から使用まですべて自己責任となりますことをご了承ください。
・医師による治療を受けていたり、処方箋薬を使用している場合は、医薬品との相互作用が生じる可能性がありますので、必ず担当医師の指導を受けてください。
特に自己判断で治療・医薬品の使用を中止し、サプリメントを代替に 使用する行為は絶対に行こなわないでください。
・メーカーが定めた用法の範囲内でお飲みください。
・体調や体質によってお体に合わないことがあります。その際はすぐに使用を中止し、医師にご相談ください。
・アメリカでは食品と認められていても、日本では医薬品にあたる成分が含まれる商品があります。成分に不安がある際は、担当医師にご相談ください。

ページの先頭へ