アメリカの人気のサプリをロサンゼルスより直送!
サプリメント通販サプー

最短5日でお届け

目の下にできるクマの種類と原因

最終更新日:2021-07-09

血行不良によるクマ、たるみによるクマ、色素沈着によるクマなど、クマにもさまざまな種類があります。自分自身のクマはどのようなタイプなのか、その原因と対策をご紹介いたします。

ビタミンCサプリメントビタミンCサプリメント
目の下にできるクマの種類と原因・ビタミンCサプリメント

動画でもご紹介しています

目の下にできるクマにも様々な種類があり、原因も異なります。

サプー公式Youtubeでも、目の下のクマの見分け方とそれぞれの対処方法、おすすめのサプリ、クマ隠しメイクのポイントについてご紹介しています!

1.目の下のクマとは?

目の下のクマとは?目の下のクマとは?

目の下のクマは、実は体の不調や日頃の間違ったケアのサインと言われています。

目の下は皮膚がとても薄く、乾燥しやすい部位です。
その為、血行不良やメラニンの状態、肌のダメージが皮膚に反映されやすく、「クマ」として現れやすいと言われています。


■ クマの種類

クマの種類クマの種類

目の下のクマには、3種類。青クマ、黒クマ、茶クマがあると言われています。
それぞれの種類によってクマの原因が異なります。

目の下のクマを治すには、自分のクマの原因を知って、適切に対処していくことが大切です。

また、青クマ、黒クマ、茶クマは、その名の通り、色も異なります。
その為、ケアだけでなくメイクで隠す際にも、それぞれの方法が存在するため、自分がどのクマなのか把握して、上手に対処していきましょう。


2.目の下のクマの見分け方

目の下のクマの見分け方目の下のクマの見分け方

目の下のクマには主に3つの種類があります。
クマの種類は、皮膚を引っ張ることでチェックできます。


■ 青クマ

血行不良や目の疲れ、睡眠不足が原因で、皮膚の薄い目の下が青黒く見える

チェック方法
皮膚を引っ張ってもクマが動かず、皮膚の下にある静脈が見えている状態


■ 黒クマ

加齢やむくみ、コラーゲンの減少による小じわで、目の下に影ができて黒く見える

チェック方法
皮膚を引っ張るとクマの色が消えて見えなくなり、下まぶたのたるみによる影が原因


■ 茶クマ

目をこするなどしてできる色素沈着や、角質の肥厚、また小さなシミが集まることで茶色く見える

チェック方法
皮膚と一緒にクマも引っ張られて動くのは色素沈着が原因


3.青クマの原因と対処法


■ 青クマの原因は血行不良

青クマの原因は血行不良青クマの原因は血行不良

青クマは血行不良が原因でできるクマです。

最近クマが酷くなってきた、という方の多くは青クマと言われています。 スマートフォンが普及し、画面を見る時間が増えた現代人は青クマができる人が増えていると言われています。

デスクワークで運動不足になっていたり、冬場は青クマができやすくなります。疲れや睡眠不足によっても血液が滞り、血行不良になり青クマに繋がります。

目元は皮膚が薄いため、血液の滞りが皮膚の上からでも青黒く見えてしまいます。青クマができやすい人は、冷え性や頭痛持ちの人が多いと言われています。


■ 青クマの治し方

温活
身体を冷やさない生活習慣を心がけましょう。
積極的に運動したり、しっかりと入浴する、冷たい食べ物飲み物を控えるなどで体の巡りが良くなり、青クマ改善が期待できます。
また、目元に蒸しタオルと冷たいタオルを交互に当て、血行を促進させることもおすすめです。


マッサージ
目の下を優しくマッサージすることで血行を促進させてあげましょう。
リンパマッサージや鎖骨マッサージで老廃物を排出させることも大切です。強くやりすぎると、色素沈着を起こし、さらに取れにくいクマの原因になるため注意が必要です。


ツボ押し
眼精疲労や疲れ目は、目の周りの血行不良の原因になります。
目が疲れたと思ったら、疲れ目に効果的な目のツボを軽く押しましょう。 目頭の「晴明」や、目頭の上で眉毛下にある「攅竹」目尻側の眉毛の下にある「太陽」等のツボがおすすめです。


ストレスをためない
疲労や睡眠不足によってクマが悪化してしまうため、ストレスをためないことはクマケアに大切なことです。


■ 青クマをメイクで隠す方法

青クマは、オレンジ・ピンクで血色感をプラスして隠すことがおすすめです。

オレンジやピンク色の強いコンシーラーを使用する。
または、手持ちのコンシーラーをつける前に、オレンジやピンク色のクリームチークや口紅などを少量クマの上に伸ばして、その上からコンシーラーをつけることもおすすめです。


■ 青クマにおすすめのサプリ

青クマにおすすめのサプリ青クマにおすすめのサプリ

ビタミンE
ビタミンEはナッツや植物油などに含まれる脂溶性のビタミン。
ビタミンEの十分な摂取は、血行を良好にして目の下のクマ(青クマ)の改善に期待できます。またビタミンEは、老化から肌を守る抗酸化パワーを持つ“若返りのビタミン”とも言われるため、美肌効果にも期待できます。


アルギニン
アルギニンは、体内に存在しているアミノ酸のひとつ。
血管を広げる一酸化窒素の生成を促して血流をサポートすることから、青クマ改善だけでなく、様々な体へのメリットが期待されています。
また、アルギニンは成長ホルモンの分泌を促すことから、抗老化サポートや、脂肪代謝アップにも人気の成分です。


4.黒クマの原因と対処法


■ 黒クマの原因は肌のたるみ

黒クマの原因は肌のたるみ黒クマの原因は肌のたるみ

黒クマの原因は、主に目の下の皮膚のたるみと言われています。

黒クマは、皮膚の色自体が変わっているのではなく、たるみで影ができて目立ってしまう事が原因です。加齢によって肌のコラーゲンやエラスチンの減少し、ハリのなくなった皮膚は徐々にたるんでしまいます。


■ 黒クマの治し方

エイジングケア
乾燥や加齢によるシワやたるみが原因の黒クマは、ヒアルロン酸やコラーゲンといった肌に潤いやハリを与えてくれる成分をたっぷり補給してあげることが大切です。
リフトアップクリームや、専用のアイクリームなどの活用もおすすめです。


■ 黒クマをメイクで隠す方法

黒クマは、陰によってできてしまいます。その為、いくらファンデーションやコンシーラーを重ねても消えない場合が多いです。
黒クマの場合は、光でくすみや影を飛ばす、ハイライターの使用がおすすめです。

また、たるみやくすみが目立たないように、メイク前にしっかりと保湿をして肌のハリを保つ下地作りも大切です。


■ 黒クマにおすすめのサプリ

黒クマにおすすめのサプリ黒クマにおすすめのサプリ

コラーゲン
コラーゲンは細胞同士を結びつける働きがある、たんぱく質の一種です。
肌や髪作りにも欠かせない成分です。コラーゲンが減少すると肌のハリが失われると言われています。コラーゲンを補給することで、肌のハリと弾力をサポートする働きがあります。
たるみの原因がコラーゲン不足の場合は、コラーゲンサプリを摂取することがおすすめです。


セラミド
セラミドとは、肌表面の角質層に存在し、細胞間で細胞同士をつなぎ合わせている成分。
水分と油分を抱え込むスポンジのような働きをすることで、皮膚のうるおいをキープし、外部ダメージからのバリア機能を高める役割があります。近年では、アトピー性皮膚炎への働きかけが期待され、研究がすすめられています。


DMAE
DMAE(ジメチルアミノエターナル)は私たちの体内に微量に存在している成分で、脳内で感情や記憶、睡眠などに深いかかわりを持っています。
皮膚の土台となる筋肉を引き締める働きを持つことから、肌のハリや引き締めサポート成分として、美容業界でも注目度が高まっている成分です。


ヒアルロン酸
ヒアルロン酸とは、人間の皮膚や関節に存在しているムコ多糖類の一種。
ヒアルロン酸は、1gで6リットルもの水分を保つと言われており、肌のハリやうるおいに期待されていることから、保湿成分として化粧品やサプリメントに多く用いられています。


5.茶クマの原因と対処法


■ 茶クマの原因は色素沈着

茶クマの原因は色素沈着茶クマの原因は色素沈着

茶クマの原因は、紫外線や皮膚への刺激による色素沈着です。

普段から目をこするクセがあったり、メイクや洗顔の際に肌を擦る機会が多い場合はクマができる確率が高まってしまいます。メイク汚れの取り残しなども色素沈着の原因になります。

その他にも、加齢によって肌のターンオーバーが乱れることで、肌がくすみやすくなり茶クマを引き起こす場合もあります。

若いときから肌のケアを変えておらず肌のターンオーバーが滞ってきたと感じる人、花粉症やアレルギーを持っている方、メイク汚れがしっかり落とせていない人などは注意が必要です。


■ 茶クマの治し方

保湿
色素沈着の原因は、皮膚そのもののため、皮膚を新しいものに生まれ変わらせる「ターンオーバー」が必要となってきます。
保湿をすることで、ターンオーバーが促されるため、まずは保湿から始めましょう。


紫外線対策をする
紫外線から肌を守ろうとするとメラニン色素が沈着してしまいます。このメラニン色素の沈着が茶クマの原因となるため、紫外線対策はしっかりと行うようにしましょう。


目を擦らない
茶クマに悩んでいる人は、意識せずに目を擦っている場合があります。何が何でも目を擦らないという自分ルールを作ってみてください。


優しくピーリングする
一度できてしまった色素沈着は、肌のターンオーバーを促すことで改善が期待できます。
ピーリング成分入りの化粧水で優しく古い角質を拭き取って肌の代謝を促すようにしてみてください。この時に、擦ったりやりすぎてしまうと、肌がダメージを受けてしまうので、注意が必要です。


■ 茶クマをメイクで隠す方法

色素沈着による茶クマは、イエロー系のコンシーラーがおすすめです。

イエローでクマと肌の色を均一にしてから、ベージュ系のコンシーラーを合わせてみてください。その他にも、部分的にパール入りのコンシーラーやハイライターを使って光の反射でクマを目立たなくすることもおすすめです。


■ 茶クマにおすすめのサプリ

茶クマにおすすめのサプリ茶クマにおすすめのサプリ

ビタミンC
ビタミンCは水溶性ビタミンの一つ。
皮膚にハリをもたせるコラーゲンの合成に関わっているほか、活性酸素によるダメージから体を守る働きや、色素沈着の原因となるメラニンへ働きかけることで、透明感のある肌作りをサポートします。


ビオチン
ビオチンとは、ビタミンB群の一種。
ビオチンは、間の量内細菌医よって合成され、糖質や脂質、たんぱく質の代謝を助ける働きがあります。アミノ酸の代謝に関わることから肌のターンオーバーの正常化サポートに人気の成分です。


6.まとめ

クマには3種類あり、それぞれ原因や対処法が異なります。
自分のクマがどの種類なのか皮膚を引っ張って簡単にチェックすることができますので、種類に合わせた正しい対処法で、クマのない明るい目元づくりを目指しましょう。

サプリメントアドバイザー 上田

こちらの記事もおすすめ

ランニングとウォーキング、脂肪燃焼に効果的なのはどっち?

ダイエットには脂肪燃焼が欠かせません。「走る」と「歩く」では、どちらが効率的に脂肪を燃やすことが出来るのでしょうか?今回は、気軽に始められる人気のエクササイズ「ウォーキング」と「ランニング」の違いや…

ストレッチマークはなぜできるの? 原因とケア

「ストレッチマーク」この言葉、ご存知でしょうか?お肌に白くひび割れたような線があるのを気にしている方は多いと思います。そこで、このストレッチマークの原因と対処法についてご紹介いたします。

2021-07-09

老化の原因「糖化」とは

老化を促進する原因のひとつとしてあげられる「糖化」。糖化が進むとお肌のシワやくすみ、シミなどとなって現れます。この糖化の原因や対策についてご紹介いたします。

2020-08-17

ほうれい線ができる原因と対策

小鼻の横から口角に向かって伸びているほうれい線は、年齢を重ねるとともに目立ちやすくなりますが、女性にとっては大きな悩みとなります。今回は、ほうれい線ができる原因や肌を若返らせる方法…

2020-08-17

サプリメントコラム一覧へ

ご購入前の注意事項

ご購入についての注意事項
・為替変動やセールにより、商品価格は予告なしに変更する場合があります。
・サイト上の商品情報は最新であるよう努めておりますが、メーカー側で予告なく変更される場合がございます。
パッケージ(英文)とHPの日本語表記が違う場合は、パッケージ優先とさせていただきます。
・ご注文後に製造中止や入荷未定、入荷遅れとなる場合があります。
個人輸入についての注意事項
・個人輸入で購入された商品は、自己責任による「個人使用」のみ許可されています。
第三者への譲渡・転売は法律により禁止されています。
・個人輸入では、一度に購入できるように制限があります。規制の範囲内でご購入ください。

個人輸入について
サプリメントの使用についての注意事項
・サプリメントは栄養補助食品であり、特定の病気を治療することを目的とした製品ではありません。ご購入から使用まですべて自己責任となりますことをご了承ください。
・医師による治療を受けていたり、処方箋薬を使用している場合は、医薬品との相互作用が生じる可能性がありますので、必ず担当医師の指導を受けてください。
特に自己判断で治療・医薬品の使用を中止し、サプリメントを代替に使用する行為は絶対に行わないでください。
・メーカーが定めた用法の範囲内でお飲みください。
・体調や体質によってお体に合わないことがあります。その際はすぐに使用を中止し、医師にご相談ください。
・アメリカでは食品と認められていても、日本では医薬品にあたる成分が含まれる商品があります。成分に不安がある際は、担当医師にご相談ください。

ページの先頭へ