アメリカの人気のサプリをロサンゼルスより直送!
サプリメント通販のサプー

最短5日でお届け

老化の原因「糖化」とは

最終更新日:2020-08-17

老化を促進する原因のひとつとしてあげられる「糖化」。糖化が進むとお肌のシワやくすみ、シミなどとなって現れます。この糖化の原因や対策についてご紹介いたします。

老化の原因「糖化」とは老化の原因「糖化」とは
老化の原因「糖化」とは

1.糖化とは

糖化とは、体の中でたんぱく質と余分な糖質が結びつき、たんぱく質を変性して劣化させることです。

さらに、劣化したたんぱく質が、最終糖化物質(AGEs)という悪玉物質を大量に発生させてしまいます。

このAGEが蓄積すると、肌や髪、骨など全身の老化を進行させ、さらにさまざまな疾患の原因となります。体の元となるたんぱく質が劣化することで、あらゆる老化に繋がってしまうのです。


【糖化による症状】

・肌のハリや弾力が失われたるむ

・肌にシミやシワができなる

・肌のくすみや透明感のなさが目立つ

・髪の毛のハリやコシが失われる

・血管が詰まりやすくなり、動脈効果に繋がる可能性

・骨がもろくなり、骨粗しょう症になる可能性

・脳の老化にも影響するため、アルツハイマー病の可能性

2.糖化の原因

糖化の進み具合には個人差がありますが、どのような習慣から個人差が生まれているのでしょうか。糖化を促進させてしまう原因を紹介します。


高血糖が続く食事

血液中に含まれる糖分の量(血糖値)は、食事をすることで上昇しますが、食後は活動エネルギーとして糖質が消費され少しずつ下がっていきます。

しかし、食事内容によっては血糖値が大幅に上昇したままなかなか下がらないことがあります。このように血糖値が上昇している状態が続くと、AGEsが発生する可能性が高くなります。AGEsが溜まらないようにするには、毎日の食生活に気をつけて、高血糖が続かないようにする必要があります。


体外から摂取するAGEsが多い

AGEsは私たちの体内で生成されていますが、さらに食品そのものにもAGEsが大量に含まれています。私たちは身体に悪影響のあるAGEsを食べて、体内に溜めてしまっているというわけです。

【AGEsが多い食品】
ベーコン、ローストビーフ、フランクフルト、マグロ、バター、マヨネーズ、チキンナゲット、パンケーキ等

AGEsの含有量は食品によってさまざまです。
食材の種類で比べると、肉類に含まれる量が最も多く、魚類がそれに続き、野菜や果物は少なめです。


また、注意したいのが電子レンジによる温め直しです。
高温での調理となるため1回の使用でもAGEsが増加します。さらに何度も温め直すと、そのたびにAGEsの量が増え、身体を老化させる原因になっています。


3.糖化を防ぐ食事法

糖質は私たちの身体を動かしているエネルギー源のため、摂らないわけにはいきません。では、「糖化」を防ぐための食生活の工夫をご紹介いたします。


空腹時に甘いものやジュースをとらない

空腹時に甘いものを食べると、一時的に血糖値が急上昇します。


野菜から食べ始める

まず野菜を食べ、次に魚・肉などのタンパク質を食べ、最後にご飯などの炭水化物の順番で食べることで、血糖値の急上昇を抑えることができます。


食後は運動をする

食後30分から1時間頃を目安に、ウォーキングなどの有酸素運動を行うと、血糖値が安定して、糖化のリスクを減少させることができます。


1日3食食べる

欠食すると食事と食事の間隔が空いて血糖値が下がりすぎた状態になり、食事を摂った時に血糖値が急激に上がってしまいます。


オーブンで焼いたり、油で揚げた料理は控える

肉やチーズ、魚などの動物性タンパク質を多く含む食品は高温調理でAGEsが高くなるため、同じ食品でも調理法によってAGEs値は変わります。


揚げ物や焼き物にはレモンを加える

レモンに含まれるクエン酸には食品に含まれるAGEsを減らす働きがあるため、AGEsが高いとされる揚げ物や焼き物にはレモンや酢を加えるのがおすすめです。


4.まとめ

老化の原因のひとつとなる糖化は、日常の何気ない食事から糖化の原因となるAGEsによって進行させてしまっています。エネルギー源となる糖質は生きる上で欠かせないため、摂らないわけにはいきません。工夫した食事法で、少しでもAGEsを発生させないようにし、糖化の進行を遅らせるように意識してみましょう。

サプリメントアドバイザー 北山

こちらの記事もおすすめ

胃もたれの原因は?加齢?ストレス?

脂っこいものやお酒を飲んだ後に、胃が重いと感じた経験がある方は多いのではないでしょうか。これらの胃もたれは胃がどのような状態になっているのか、その原因は何なのか、詳しくご紹介いたします。

2020-08-17

短鎖脂肪酸とは?腸の健康との関係性

「短鎖脂肪酸」という言葉を聞いたことはありますか?短鎖脂肪酸は、人の大腸内で腸内細菌によってつくられる酸のひとつで、私たちの健康にとってさまざまな働きをしてくれている大切なものです。

2020-08-17

ほうれい線ができる原因と対策

小鼻の横から口角に向かって伸びているほうれい線は、年齢を重ねるとともに目立ちやすくなりますが、女性にとっては大きな悩みとなります。今回は、ほうれい線ができる原因や肌を若返らせる方法…

2020-08-17

医療の父エドガーケイシーとは

医療の父として知られるエドガー・ケイシ―という人物はご存知でしょうか。彼は治る見込みがないと言われた自らの病気を透視能力によって克服し、そのケイシー療法が今もなお多くの病気を癒し続けています。

2020-08-17

サプリメントコラム一覧へ

ご購入前の注意事項

ご購入についての注意事項
・為替変動やセールにより、商品価格は予告なしに変更する場合があります。
・サイト上の商品情報は最新であるよう努めておりますが、メーカー側で予告なく変更される場合がございます。
パッケージ(英文)とHPの日本語表記が違う場合は、パッケージ優先とさせていただきます。
・ご注文後に製造中止や入荷未定、入荷遅れとなる場合があります。
個人輸入についての注意事項
・個人輸入で購入された商品は、自己責任による「個人使用」のみ許可されています。
第三者への譲渡・転売は法律により禁止されています。
・個人輸入では、一度に購入できるように制限があります。規制の範囲内でご購入下さい。

個人輸入について
サプリメントの使用についての注意事項
・サプリメントは栄養補助食品であり、特定の病気を治療することを目的とした製品ではありません。ご購入から使用まですべて自己責任となりますことをご了承ください。
・医師による治療を受けていたり、処方箋薬を使用している場合は、医薬品との相互作用が生じる可能性がありますので、必ず担当医師の指導を受けてください。
特に自己判断で治療・医薬品の使用を中止し、サプリメントを代替に 使用する行為は絶対に行こなわないでください。
・メーカーが定めた用法の範囲内でお飲みください。
・体調や体質によってお体に合わないことがあります。その際はすぐに使用を中止し、医師にご相談ください。
・アメリカでは食品と認められていても、日本では医薬品にあたる成分が含まれる商品があります。成分に不安がある際は、担当医師にご相談ください。

ページの先頭へ