アメリカの人気のサプリをロサンゼルスより直送!
サプリメント通販サプー

最短5日でお届け

イライラ、ほてり、不眠、疲労の症状…
「プレ更年期」かも

最終更新日:2020-08-17

30代後半から40代に多いと言われる「プレ更年期」はご存知でしょうか。何かにつけてすぐイライラしてしまったり、足腰の冷えが気になるようになったりと更年期のような症状が…という方は更年期の予兆かもしれません。今回はプレ更年期について詳しくご紹介いたします。

「プレ更年期」かも・大豆イソフラボンサプリメント「プレ更年期」かも・大豆イソフラボンサプリメント
「プレ更年期」かも・大豆イソフラボンサプリメント

1.こんな症状に悩んでいませんか?

更年期は閉経の前後の5年間と定義されておりまして、閉経は平均50歳前後といわれているため、更年期は40代半ば~50代半ばに当たります。
閉経にはまだ時間があっても閉経に向けて心身の変化が生じ始める30代後半~は「プレ更年期」と呼ばれています。では、どのような症状がプレ更年期と呼ばれるのでしょうか。

体のこと

・上半身のほてり
・突然、頭や顔に汗をかく
・最近、疲れやすい
・足腰が冷えやすい
・頭痛が頻発する
・肩こりがひどい
・めまいがする
・息切れがしやすい
・ダイエットしてもなかなか体重が落ちない

心のこと

・ささいなことでイライラする
・すぐ落ち込んだり、自己嫌悪になる
・なかなか寝付けず、眠りが浅い
・やる気がでない

美容のこと

・肌が乾燥する
・肌のたるみやくすみが気になる
・髪の毛にハリがなくなる
・爪が割れやすくなる
・口の中が乾く


上記のような症状がいくつも当てはまる方は「プレ更年期」かもしれません。

2.プレ更年期の原因は?

「更年期」は女性ホルモンの分泌量が原因とされますが、「プレ更年期」の原因は主にストレスだと言われています。

卵巣の寿命は約50年と言われており、卵巣がその働きを止めるのが閉経で、この閉経の前後5年は女性ホルモンの分泌が急降下します。それにより女性ホルモンのバランスが崩れるのが「更年期」です。

それに対して、卵巣はまだ元気だけれど、ストレスから自律神経が乱れ、女性ホルモンのバランスが崩れてしまう事で、更年期のような症状が現れることを「プレ更年期」と呼びます。

3.プレ更年期緩和のための生活習慣

プレ更年期の症状は、日頃の生活習慣を見直すことが改善に繋がります。

ストレスをためない
まず、ストレスをためないことが大切です。ストレスを抱えるとイライラしたり、落ち込みやすくなったり、心理的な症状を感じやすくなります。日々の仕事や家事を抱え込みすぎず、人に任せたり相談することが大切です。肩の力を抜いて頑張りすぎないことも大事な対処法です。

規則正しい生活を心がける
私たちの身体は、日中の交感神経が優位に働くことでアクティブに活動できるようになり、夜になるにつれて副交感神経が優位に働いてリラックスするようになっています。生活リズムが崩れると自律神経が乱れて、休みたい時に十分に休めなくなってしまいます。

ほどよい運動
自律神経のバランスを整えるためには、ほどよい運動が重要です。日中に太陽を浴びながらウォーキングするなどの有酸素運動が理想的です、幸せホルモンと呼ばれるセロトニンの分泌が促進されることで、心理面の不調が改善されたり、夜に副交感神経が優位に働きやすくなります。

バランスの良い食事
プレ更年期に欠かせない食事をご紹介します。

イソフラボン】納豆、豆腐、豆乳、油揚げ
肌のツヤやハリを保つにも必要な栄養素です。

ビタミンE】アーモンド、アボカド、ナッツ類、かぼちゃ、卵
強い抗酸化パワーを持っており、血流サポートで卵巣にしっかり血液や栄養を届けてくれます。

たんぱく質】鶏肉、乳製品、大豆製品
たんぱく質は細胞やホルモンを作るために必要な栄養素です。肉や魚は太ると避ける方も多いですが、しっかりと摂取することが大切です。

ビタミンB6】まぐろ、かつお、レバー、ピーナッツ
たんぱく質の代謝をサポートする働きがあります。

亜鉛】牡蠣、レバー、ごま、煮干し、高野豆腐
卵巣に多く含まれており、女性ホルモンバランスを整える働きがあります。

4.まとめ

まだ30代なのに更年期のような症状を感じている方は、ストレスが原因かもしれません。更年期の症状は、多かれ少なかれ誰にでも起こるものです。日々の生活習慣を見直して、少しでもストレスを緩和させてあげるようにしましょう。

サプリメントアドバイザー 北山

こちらの記事もおすすめ

その夏バテは「かくれ脱水」かも

脱水症状は進行するまで明らかな症状ができないのが特徴です。脱水症になりかけているのに、本人や周りが気付かないため「隠れ脱水」になっている方が多くいます。今回は隠れ脱水についてご説明いたします。

2020-08-17

「食物繊維」は美容と健康への近道!そのチカラは?

第6の栄養素と呼ばれる「食物繊維」の働きはご存知でしょうか。便秘に良いとして有名な栄養素ですが、実は便秘だけではありません。今回は、食物繊維についてご紹介いたします。

2020-08-17

「ビタミンD不足」は過剰なUVケアが原因かも?!

夏になると紫外線が気になり、日焼け止めクリーム、帽子、日傘、手袋、サングラスなど、さまざまなUVケアを行う方が多いかと思います。しかし、紫外線を完全にシャットアウトしてしまうと…

2020-08-17

その悩み、たんぱく質不足が原因かも

ダイエットで運動や食事制限をしているのになかなか痩せられない…髪の毛にコシがなくなってきた…肌にハリやツヤがなくなってきた…そんなお悩みはたんぱく質不足が原因かもしれません。

2020-08-17

サプリメントコラム一覧へ

ご購入前の注意事項

ご購入についての注意事項
・為替変動やセールにより、商品価格は予告なしに変更する場合があります。
・サイト上の商品情報は最新であるよう努めておりますが、メーカー側で予告なく変更される場合がございます。
パッケージ(英文)とHPの日本語表記が違う場合は、パッケージ優先とさせていただきます。
・ご注文後に製造中止や入荷未定、入荷遅れとなる場合があります。
個人輸入についての注意事項
・個人輸入で購入された商品は、自己責任による「個人使用」のみ許可されています。
第三者への譲渡・転売は法律により禁止されています。
・個人輸入では、一度に購入できるように制限があります。規制の範囲内でご購入下さい。

個人輸入について
サプリメントの使用についての注意事項
・サプリメントは栄養補助食品であり、特定の病気を治療することを目的とした製品ではありません。ご購入から使用まですべて自己責任となりますことをご了承ください。
・医師による治療を受けていたり、処方箋薬を使用している場合は、医薬品との相互作用が生じる可能性がありますので、必ず担当医師の指導を受けてください。
特に自己判断で治療・医薬品の使用を中止し、サプリメントを代替に 使用する行為は絶対に行こなわないでください。
・メーカーが定めた用法の範囲内でお飲みください。
・体調や体質によってお体に合わないことがあります。その際はすぐに使用を中止し、医師にご相談ください。
・アメリカでは食品と認められていても、日本では医薬品にあたる成分が含まれる商品があります。成分に不安がある際は、担当医師にご相談ください。

ページの先頭へ