イライラ、ほてり、不眠、疲労感、
「プレ更年期」の症状と対策

最終更新日:2022-01-13

30代後半から40代に多いと言われる「プレ更年期」はご存知でしょうか。何かにつけてすぐイライラしてしまったり、足腰の冷えが気になるようになったりと更年期のような症状が…という方は更年期の予兆かもしれません。今回はプレ更年期について詳しくご紹介いたします。

大豆イソフラボンサプリ大豆イソフラボンサプリ
「プレ更年期」かも・大豆イソフラボンサプリメント

動画でもご紹介しています

30代からの女性のメンタル・体の揺らぎはストレスや女性ホルモンバランスが原因です。

そんなプレ更年期を理解し上手に付き合う方法とおすすめの対策サプリを動画でもご紹介しています。
サプー公式Youtubeチャンネル、ぜひチェックしてみてください!

1.プレ更年期とは

プレ更年期とはプレ更年期とは

更年期は聞いたことがあるけど、プレ更年期って何?という方もいるかもしれません。

まず更年期は閉経の前後の5年間を指しており、閉経は平均50歳前後といわれているため、40代半ば~50代半ばの10年間が更年期といわれています。


対してプレ更年期は、閉経にはまだ時間があっても閉経に向けて心身の変化が生じ始める30代後半以降の期間のことです。

逆に更年期が終わった後の50代半ば過ぎは、「ポスト更年期」と呼ばれ、心身が落ち着きを取り戻す人が多いといわれています。


■月経の仕組みと更年期

月経の仕組みと更年期月経の仕組みと更年期

月経は、卵胞期→排卵→黄体期→月経というサイクルが28~35日の周期で繰り返されて起こります。

女性の卵巣のなかにはたくさんの卵胞(卵子のもと)があり、卵胞の成熟する過程でエストロゲン(卵胞ホルモン)というホルモンが分泌され、妊娠に向けて体内の環境を整える「卵胞期」を迎えます。


そして、成熟した卵胞から卵子が排出される「排卵」が起こり、排卵後の「黄体期」に入ることで卵胞から少量のエストロゲンとプロゲステロン(黄体ホルモン)という女性ホルモンが分泌され始めます。

この排卵後に受精が成立しない場合は、プロゲステロンの分泌が止まり、排卵から約14日後に月経が起こるような仕組みになっています。


女性の卵胞は、毎月の排卵で減っていき、30代後半から急速に減少、50歳でほぼ消滅し、女性の閉経がもたらされます。

この卵胞の急速な減少が女性ホルモンの分泌低下につながるため、この時期が「プレ更年期」に当たります。


2.プレ更年期の症状

では、どのような症状がプレ更年期と呼ばれるのでしょうか。
プレ更年期の症状をご紹介します。


■身体面での変化

身体面での変化身体面での変化

・月経周期が乱れるようになった(短いなど)
・月経量にムラがでるようになった
・上半身のほてり
・突然、頭や顔に汗をかく
・最近、疲れやすい
・足腰が冷えやすい
・頭痛やめまいが増えた
・肩こりがひどい
・息切れがしやすい
・ダイエットしてもなかなか体重が落ちない


■心の変化

心の変化心の変化

・ささいなことでイライラする
・すぐ落ち込んだり、自己嫌悪になる
・寝つきが悪く、眠りが浅い
・やる気がでない


■美容面の変化

美容面の変化美容面の変化

・肌が乾燥する
・肌のたるみやくすみが気になる
・髪の毛にハリがなくなる
・爪が割れやすくなる
・口の中が乾く


上記のような症状がいくつも当てはまる方は「プレ更年期」かもしれません。

3.プレ更年期の原因は?

プレ更年期の原因プレ更年期の原因

「更年期」は女性ホルモンの分泌量が原因とされますが、「プレ更年期」の原因は主にストレスと卵胞の急速な減少だと言われています。


■卵胞の急速な減少

卵巣の寿命は約50年と言われており、卵巣の中の卵胞が消滅するのが閉経で、この閉経の前後5年は女性ホルモンの分泌が急降下します。それにより女性ホルモンのバランスが崩れるのが「更年期」です。

しかし、卵胞は閉経の5年前から急に減っていくわけではなく、毎月の排卵で減っていき、30代後半から急速に減少し始めます。

プレ更年期の原因の一つは女性ホルモンの中でも主にエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌量が低下し引き起こされるといわれています。

プロゲステロンやエストロゲンといった女性ホルモンは、通常私たちの脳でコントロールされているものではありますが、年齢による卵巣機能低下によってホルモンの分泌がうまくできなくなります。

今まで通りに脳がホルモンバランスをコントロールできなくなり、自律神経の働きが乱れることでプレ更年期の症状を引き起こすといわれています。


■ストレス

年齢が原因のほかにも、ストレスは不安定になってきたホルモンバランスの乱れに拍車をかけることがあります。

まだ更年期やプレ更年期には早いと思っていても、過度なストレスを感じることで女性ホルモンバランスが崩れてしまい、自律神経が乱れる事で症状が現れることもあります。


4.プレ更年期緩和のための生活習慣

プレ更年期緩和のための生活習慣プレ更年期緩和のための生活習慣

プレ更年期の症状は、日頃の生活習慣を見直すことが改善に繋がります。


■ストレスをためない

まず、ストレスをためないことが大切です。
ストレスを抱えるとイライラしたり、落ち込みやすくなったり、心理的な症状を感じやすくなります。

日々の仕事や家事を抱え込みすぎず、人に任せたり相談することが大切です。肩の力を抜いて頑張りすぎないことも大事な対処法です。


■規則正しい生活を心がける

私たちの身体は、日中の交感神経が優位に働くことでアクティブに活動できるようになり、夜になるにつれて副交感神経が優位に働いてリラックスするようになっています。
生活リズムが崩れると自律神経が乱れて、休みたい時に十分に休めなくなってしまいます。


■ほどよい運動

自律神経のバランスを整えるためには、ほどよい運動が重要です。
日中に太陽を浴びながらウォーキングするなどの有酸素運動が理想的です。

幸せホルモンと呼ばれるセロトニンの分泌が促進されることで、心理面の不調が改善されたり、夜に副交感神経が優位に働きやすくなります。


■バランスの良い食事

不規則な食生活をしていると自律神経のバランスが乱れやすくなります。
自律神経のバランスはホルモンバランスの乱れにつながるため、毎日三食、規則正しく食事をとりましょう。

女性ホルモンと似た作用のある大豆イソフラボンや、ホルモンバランスを整える働きが期待できるビタミンE、タンパク質、亜鉛などを積極的にとるようにして下さい。


大豆イソフラボンは、納豆、豆腐、豆乳、油揚げなどに多く含まれますし、ビタミンEは、アーモンドなどのナッツ類、アボカドなどから摂ることがおすすめです。

たんぱく質は細胞やホルモンを作るために必要な栄養素ですビタミンB6と一緒に摂ることで、タンパク質の代謝をサポートできます。

牡蠣、レバーに含まれる亜鉛も卵巣に多く含まれているため積極的にとりましょう。


5.プレ更年期対策おすすめサプリ成分


■大豆イソフラボン

プレ更年期対策おすすめサプリ・大豆イソフラボンプレ更年期対策おすすめサプリ・大豆イソフラボン

イソフラボンは、大豆に多く含まれるポリフェノールの一種。
体内で女性ホルモンのエストロゲンとよく似た働きをする植物性エストロゲンとして知られており、女性のホルモンバランスの調整役としてプレ更年期の症状緩和などに期待が寄せられている成分です。


■ビタミンE

ビタミンEはナッツや植物油などに含まれる脂溶性のビタミン。
必要量は多くはないものの、不足すると血行が悪くなり、冷え性や肩こり、頭痛などの症状を引き起こします。

また卵巣や脳下垂体に働きかけてホルモンバランスを整える働きもあり、特に女性は不足しないように気を付けたいビタミンです。


■マカ

マカは、標高4,000m以上の南米ペルーの高地で育つ野菜のこと。
近年、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをする成分が含まれていることが分かり、女性の健康サポートにも注目されるようになりました。

マカは、ビタミンやミネラル、アミノ酸など栄養豊富なことからスタミナ補給にも注目されており、プレ更年期の症状対策とともに毎日の活力を得れると人気の成分です。


■ブラックコホシュ

ブラックコホシュは、北米原産のキンポウゲ科の植物ハーブ。
先住民インディアンは“女性のハーブ”として、月経不順や更年期など女性特有の症状緩和に薬草として用いてきました。

女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをする植物性エストロゲンが含まれており、乱れたホルモンバランスを整える働きが期待。
ドイツのコミッションE(ハーブの安全性と効能を評価する公的委員会で世界的権威を持つ)で承認された信頼性の高いハーブです。


■ザクロ

プレ更年期対策おすすめサプリ・ザクロプレ更年期対策おすすめサプリ・ザクロ

ザクロは中東をはじめ、アメリカなどで栽培されているフルーツの一種。

ザクロの種子に女性ホルモンと似た働きをする成分が含まれていることが分かり、イライラや不眠、だるさやほてりなどの更年期の症状をケアすることに期待されています。

そのほかにも、優れた抗酸化作用を持つことから、ハリのある若々しい肌作りや美白対策も一緒にできると人気です。


■ガンマオリザノール

ガンマオリザノールは、米ぬかに含まれる植物ステロールの一種。
血行改善、コレステロール対策のほか、近年では特に脳機能に関わる作用に注目が集まっており、更年期やストレスからくる自律神経トラブルのサポートに期待が寄せられています。

日本では、医薬品にも用いられている成分です。


6.まとめ

まだ更年期が来るような年ではないのに…とお悩みの方は「プレ更年期」かもしれません。

更年期の症状は、多かれ少なかれ誰にでも起こるものですが、自律神経や女性ホルモンのバランスを整えることで改善できる場合もあります。日々の生活習慣や栄養バランスを見直して、健やかな毎日を送りましょう。

サプリメントアドバイザー 上田

こちらの記事もおすすめ

その夏バテは「かくれ脱水」かも

脱水症状は進行するまで明らかな症状ができないのが特徴です。脱水症になりかけているのに、本人や周りが気付かないため「隠れ脱水」になっている方が多くいます。今回は隠れ脱水についてご説明いたします。

2020-08-17

「食物繊維」は美容と健康への近道!そのチカラは?

第6の栄養素と呼ばれる「食物繊維」の働きはご存知でしょうか。便秘に良いとして有名な栄養素ですが、実は便秘だけではありません。今回は、食物繊維についてご紹介いたします。

2020-08-17

「ビタミンD不足」は過剰なUVケアが原因かも?!

夏になると紫外線が気になり、日焼け止めクリーム、帽子、日傘、手袋、サングラスなど、さまざまなUVケアを行う方が多いかと思います。しかし、紫外線を完全にシャットアウトしてしまうと…

2020-08-17

毎日のきれいをつくる「ビタミンC」!その効果的な摂り方とは

毎日のきれいのためには「ビタミンC」はとても重要な栄養素です。でも、ビタミンCが具体的にどんな役割をしてくれているのか、どんなビタミンCが良いのかとなると、よくわからないというかたも多いのではないでしょうか…

2022-01-13

サプリメントコラム一覧へ

ご購入前の注意事項

ご購入についての注意事項
・為替変動やセールにより、商品価格は予告なしに変更する場合があります。
・サイト上の商品情報は最新であるよう努めておりますが、メーカー側で予告なく変更される場合がございます。
パッケージ(英文)とHPの日本語表記が違う場合は、パッケージ優先とさせていただきます。
・ご注文後に製造中止や入荷未定、入荷遅れとなる場合があります。
個人輸入についての注意事項
・個人輸入で購入された商品は、自己責任による「個人使用」のみ許可されています。
第三者への譲渡・転売は法律により禁止されています。
・個人輸入では、一度に購入できるように制限があります。規制の範囲内でご購入ください。

個人輸入について
サプリメントの使用についての注意事項
・サプリメントは栄養補助食品であり、特定の病気を治療することを目的とした製品ではありません。ご購入から使用まですべて自己責任となりますことをご了承ください。
・医師による治療を受けていたり、処方箋薬を使用している場合は、医薬品との相互作用が生じる可能性がありますので、必ず担当医師の指導を受けてください。
特に自己判断で治療・医薬品の使用を中止し、サプリメントを代替に使用する行為は絶対に行わないでください。
・メーカーが定めた用法の範囲内でお飲みください。
・体調や体質によってお体に合わないことがあります。その際はすぐに使用を中止し、医師にご相談ください。
・アメリカでは食品と認められていても、日本では医薬品にあたる成分が含まれる商品があります。成分に不安がある際は、担当医師にご相談ください。

ページの先頭へ