サプリ成分辞典 あ行

成分説明…

アーティチョーク

アーティチョーク(和名:朝鮮アザミ)は、欧米では食材としても広く親しまれているキク科の植物で、苦味成分のシナリンや各種フラボノイド、イヌリンなどの成分が含まれています。最近の研究で、胃や腎臓をサポートして消化を促したり尿のトラブルに働きかけることが期待されるようになりました。他にも肝機能の働きをサポートすることから、お酒を良く飲む方、ストレスを抱えている方、疲れやすい方の健康サポートに注目をあつめています。

成分説明…

アーモンドオイル

アーモンド抽出の精油のこと。若々しい肌作りや体のサビを取りのぞく抗酸化パワーのビタミンEや、便秘対策をサポートする食物繊維、コレステロールサポートのオレイン酸が豊富に含まれており、健康と美容の両面から支持されています。

成分説明…

アイビー

アイビーは別名ヘデラと呼ばれている、ツタの一種です。フラボノイド、サポニンなどが含まれているため、血管壁を強化して美肌をサポートすることを期待して、化粧品に含まれることがあります。

成分説明…

アイビーゴード

ビタミンAをたっぷり含む健康食材として、タイ料理やインド料理で愛用されているウリ科の植物です。体内で糖が余分に作られないようにサポートするグルコケニンを含んでおり、体内の糖バランスのサポートに期待がよせられています。

成分説明…

アイブライト

アイブライト(和名:コゴメ草)は、目の健康に役立つハーブとして昔から重宝されてきた植物で“メグスリノキ”という愛称があります。目や鼻の粘膜に働きかけて、紫外線やアレルギーによるダメージから瞳をガードする働きが期待されています。

成分説明…

アイリッシュモス

アイリッシュモスは紅藻類海藻です。ヨウ素やミネラル、食物繊維などの栄養分をたっぷり含んでいる栄養素材として知られています。またカラギーナンと呼ばれるジェル状の成分を含んでいることから、化粧品のジェル化剤としてブレンドされることもあります。

成分説明…

亜鉛

亜鉛(ジンク)は私たちの体に欠かせない必須ミネラルのひとつ。タンパク質を作りだしたり、体内酵素をサポートして新しい細胞を作りだす働きがあります。肌や髪の毛、ツメの栄養分となることはもちろん、血糖値と深いかかわりがあるインシュリンをコントロールしたり、体のサビを防ぐ抗酸化パワーがあります。また近年は、男性の前立腺トラブルへの働きかけが注目されるようになり、健康サポートに愛用する方が増えています。食品では牡蠣(かき)、ゴマ、ココア、レバーなどに多く含まれると言われています。

成分説明…

アカシアガム

マメ科アラビアゴムノキからとれる樹脂で、水溶性の食物繊維。血糖値のコントロールに働きかけたり、お腹のリズムをサポートする働きが期待されています。粘度があり、食感を良くする性質をもつことから、食品の添加物としてキャンディーやアイスクリームに、また安定剤として医薬品やコスメに使用されています。別名アラビアガム。

成分説明…

アガリクス

和名は姫マツタケ(ヒメマツタケ)といい、ブラジルのビエダーデ地方特産のキノコの一種です。ビエダーデ地方では極端に生活習慣病患者が少なかったことから注目を集めた成分で、体のディフェンス力に働きかけるベータグルカン(βグルカン)が豊富に含まれています。昼と夜の温度差が大きく、湿度80%という独特の気候条件でのみ成育するため、大変貴重なキノコとして珍重されています。

成分説明…

アサイー

アサイーはブラジルやアマゾン原産のフルーツで、古くから健康サポートに親しまれてきました。ポリフェノール、必須脂肪酸、ビタミン・ミネラルなどカラダに嬉しい成分がぎっしり含まれており、 その栄養価の高さから“伝説のフルーツ” と呼ばれています。美容や健康面において若々しさをサポートする働きから、肌のアンチエイジングや毎日の健康サポートに愛用する方が増えています。

成分説明…

アシュワガンダ

アシュワガンダは、インドの伝統医学であるアーユルベーダで、古くから滋養強壮のハーブとして用いられてきました。肉体的疲労だけでなく、気持ちをリラックスさせたり、脳の血行をサポートして、イライラを和らげるなどメンタル面のサポートにも期待がよせられています。体と心のスタミナアップに注目されており、近年は特に男性機能を高める目的で愛用する方が増えています。

成分説明…

アスコルビルパルミテート

脂溶性のビタミンCです。本来、体内にとどめておくことができない水溶性のビタミンCを脂溶性にしたことで、体内での保存を可能にしました。皮膚にハリをもたせたり、血管の壁を丈夫にするのに役立つコラーゲンの生成をサポートします。

成分説明…

アスタキサンチン

アスタキサンチンはカロテノイドの一種で、サケやイクラ、藻などに含まれる赤い色素のことです。体をサビさせる元となる、活性酸素に働きかける“抗酸化力”に優れていることから、肌のアンチエイジングや毎日の健康サポートに支持されています。近年では、アスタキサンチンの配合された美肌サプリメントやコスメが、人気をあつめています。

成分説明…

アストラガルス

アストラガルス(別名:オウギ)は、中国原産のマメ科の植物で、古くから漢方成分として珍重されてきました。コレステロールのコントロールや肝臓の働きをサポートするサポニン、体をダメージから守るフラボノイドが豊富に含まれていることから、体の免疫力を高めることが期待されています。漢方では、強壮、強心、利尿などに用いられています。

成分説明…

アスパラガス

カロチン(ビタミンA)が豊富に含まれており、病気に対するディフェンス力に期待が集まっています。また、有効成分のアスパラギン酸は代謝をサポートすることで、疲労回復に役立つことで知られています。

成分説明…

アスパラギン酸塩

アスパラギン酸とは、アミノ酸の一種。カルシウムやマグネシウムなどを運ぶ作用があり、アスパラギン酸塩はこれらのミネラルの補給剤として利用されます。

成分説明…

アセチルLカルニチン

アセチルLカルニチンは、アミノ酸のLカルニチンが体内に入って変化した形です。脳に必要な栄養分を運んだり、細胞や血流をサポートして、脳の働きを活発にサポート。中でも、記憶・集中力をとぎすます働きが期待されています。アセチルLカルニチンの形で直接取り込むことで、Lカルニチンよりも素早く脳に働きかけるため、サプリメントを愛用する方が増えています。

成分説明…

アセロラ

レモンの約34倍のビタミンCが含まれているフルーツ。美容にうれしい働きが期待されていることから、サプリメントの成分としても人気を集めています。

成分説明…

アップル

フルーツのリンゴのこと。食物繊維やビタミン、ミネラル、カリウムが豊富に含まれており、美容と健康に親しまれています。リンゴポリフェノールには、コレステロールや中性脂肪への働き掛けも期待されており、生活習慣ケアに支持されています。また、みずみずしく爽やかな香りは、化粧品の香料などにも使用されます。

成分説明…

アップルサイダービネガー

アップルサイダービネガーはリンゴから作られたお酢、リンゴ酢のことです。もともとクエン酸を含んでいるリンゴ酢は、疲労回復サポートに用いられてきました。最近、このクエン酸や酢酸などの天然の酸には、脂肪と混ざり合って脂肪を中和し、体内に付きにくいように働きかけることがわかり、余分なものをため込まない体質作りに注目されています。またクエン酸がエネルギーサイクルをサポートすることで脂肪が燃えやすい体質にサポート、他にもお通じ、むくみ解消にも期待がよせられています。

成分説明…

アップルペクチン

アップルペクチンはリンゴに含まれている食物繊維のことで、主にリンゴの皮に含まれています。腸の中の善玉菌を増やして体内環境をサポートしたり、体にとって有害な成分をそとに追いだすデトックスの働きが期待されています。最近では悪玉コレステロールへの働きかけが注目されるようになり、ダイエット成分としても人気をあつめるようになりました。

成分説明…

アボカド

アボカドは熱帯アメリカ原産の植物です。果実は熟すとバター状になり、サラダや料理に使われます。アボカドの実には、コレステロールをサポートするオレイン酸やリノール酸、リノレン酸をはじめ、アンチエイジングに期待のビタミンEやビタミンA,C、その他にカリウム,マグネシウム,リンなどのミネラルをたっぷり含んでおり、栄養価の高い食べ物として知られています。便通サポート、スキンケアにも期待の成分です。

成分説明…

アマチャヅル

日本から東南アジアの各地に自生するウリ科植物で、中国では七叶胆と呼ばれています。コレステロールのコントロールや肝臓の働きをサポートするサポニンが豊富に含まれており、漢方の高麗人参にも引けを取らないハーブだと注目を集めました。日本では健康茶として使われることが多い成分です。

成分説明…

亜麻仁油(フラックスシードオイル)

亜麻仁油(フラックスシードオイル)は、亜麻という植物の種から抽出した、食用としても利用されているオイルのこと。健康維持に欠かせない必須脂肪酸がバランスよく含まれており、特に現代の食事では不足しがちなオメガ3が豊富に含まれていることから近年人気を集めています。アレルギー症状を軽減したり、生活習慣病予防に期待が集まっており、積極的に摂りたい成分です。

成分説明…

アミノ酸

人間の体の中で、細胞、ホルモン、酵素などの材料となっているほか、体にとって様々な重要な機能を担っている成分です。人間の体は60〜70%が水分で、20%がタンパク質などのアミノ酸でできています。タンパク質はおもに筋肉や消化管、内臓、血中のヘモグロビン、髪や皮膚のコラーゲンなど、カラダの重要な組織をつくっているもので、このタンパク質を構成している成分が20種類のアミノ酸です。そのうち9種類は、人間の体内で合成されず食品からとる必要があるため、「必須アミノ酸」と呼ばれています。

成分説明…

アミラーゼ

別名ジアスターゼ。人間の消化酵素のひとつで、唾液やすい臓から出るすい液に含まれています。でんぷんやグリコーゲンを分解して糖分に変える働きを持ちます。ごはんを噛んでいると徐々に甘くなってくるのは、唾液の中に含まれるアミラーゼが、ご飯のでんぷんを糖分に分解するためです。

成分説明…

アムラ

別名アマラキ。インドの伝統医学であるアーユルベーダで、古くから髪の毛のハーブとして用いられてきたインド原産の果実です。ビタミンCがレモンの30倍、ポリフェノールが赤ワインの30倍も含まれており、頭皮環境を健やかにサポートすることから、インドでは抜け毛や育毛、白髪染めの成分として愛用されています。

成分説明…

アメリカサンショウ

アメリカサンショウ(別名:プリックリーアッシュ)は、北アメリカ東部原産のミカン科の植物です。葉と果実はレモンオイルに似た香りをもち、樹皮と果実はピリッとした辛味があります。アメリカ原住民が歯痛、リューマチなど様々な痛みに使用してきた成分で、近年では血液やリンパの流れのサポートや、有害なものを外に追い出すデトックスにも期待が寄せられています。

成分説明…

アメリカジンセン

アメリカジンセンは、朝鮮人参やシベリア人参と同じウコギ科の植物で、主に北アメリカで栽培されています。滋養強壮を高めてスタミナをアップさせるほか、ストレスに立ち向かう“ACTH”というホルモンをサポートすることによって、心身ともに健康体へと導くことが期待されています。朝鮮人参と近い性質を持ちますが、比較的穏やかなのがアメリカジンセンと言われています。

成分説明…

アラビノガラクタン

アラビノガラクタンは、西洋カラマツから抽出された食物繊維で、腸内サポートや免疫力への働きかけが注目をあつめています。私たちの体は、体内にウィルスや細菌が入ってくると、血液の中の白血球がそれらと戦い、体をダメージから守ってくれます。アラビノガラクタンにはその白血球の働きをサポートすることで、病気に負けない丈夫な体へ導くことが期待されています。

成分説明…

アラビノキシラン

アラビノキシランとは、米ぬかや小麦、トウモロコシなどのイネ科の植物に豊富に含まれている食物繊維のひとつです。また、植物の細胞壁をつくっているヘミセルロースの主成分。アラビノキシランが体内に入ると、免疫細胞はこれを異物だと感じて攻撃をしかけるため、体にもともと備わっている免疫パワーを活発に促すことが期待されています。

成分説明…

アラントイン

植物の麦芽やコンフリーの根などに存在している成分で、肌荒れサポートに使用されることが多い成分です。ハンドクリームや敏感肌用のスキンケアに配合されることが多く、特にアレルギーサポートに支持されている成分です。高純度のものは医薬品に使用されることもあり、傷ややけどのケアに使われます。

成分説明…

アリイン

ニンニクのにおい成分“アリシン”の元となる成分です。ニンニクを切ったり擦りおろしたりすることで、ニンニクに含まれる酵素が働いてアリインがアリシンへと変化。アリシンは強い抗菌パワーを持ち、さまざまなヘルスケアが期待されています。

成分説明…

アリウム・セパ

ホメオパシーに使用するレメディーのひとつで、タマネギの成分を使用しています。タマネギの辛味成分が、花粉症で涙や鼻水がでるといった症状に働きかけるため、ホメオパシーで用いられます。

成分説明…

アリシン

アリシンは、ニンニクに含まれるアリインが変化してできた物質で、特有のにおいの元となる成分です。強い抗菌パワーをもつことから、人間の体にもともと備わっている免疫力をアップさせ、元気で健康的な体作りをサポート。さらに血液の中で“脂質アリシン”へと形を変えることで、コレステロールのコントロールにも期待が寄せられています。

成分説明…

アルギニン

アルギニンはタンパク質の材料となるアミノ酸のひとつ。人間の体の中で筋肉アップや成長ホルモンのサポートに大きく関わっている成分です。年齢とともに減少していくことから筋力や体力の低下が心配されているため、サプリメントで愛用する方が増えています。また、精子の80%はアルギニンでできていることから、男性機能のサポートにも期待が寄せられています。

成分説明…

アルギン酸

昆布やワカメ、ヒジキ、モズクなどに含まれるヌルヌルしたぬめり成分のことで、天然の食物繊維です。塩分に働きかけるカリウムを豊富に含んでおり、血圧サポートに期待が寄せられているほか、コレステロールや血糖値コントロール、ダイエットサポート、お腹のリズムを整える働きなどにも注目が集まっています。また、その安全性の高さから、医薬品やコスメの添加剤としても用いられています。

成分説明…

アルジー

アルジーは海藻のことで、ビタミンやミネラル、葉緑素などの栄養素材をたっぷり含んでいます。アルジーの中でも特に話題となっている成分に“ブルーグリーンアルジー”があります。アメリカのオレゴン州にあるアッパークラマス湖に生育する、天然の食用藻です。35億年前に地球上に最初に誕生した生物(藍藻)といわれ、その姿を35億年間保って生き続けていることから、生命体として大きなパワーを秘めているといわれています。ビタミン・ミネラル、葉緑素、アミノ酸、脂肪酸など様々な成分を含み、体への吸収率も95%と高く、すぐれた栄養成分として青汁などに利用されています。

成分説明…

アルジェンタムニトリカム

ホメオパシーに使用するレメディーのひとつで硝酸銀のことです。炎症や痛み、頭痛のサポートに用いられます。

成分説明…

アルジュナ

インドの伝統医学であるアーユルベーダで、古くから薬用ハーブとして用いられてきた植物です。最近の研究では血管や血液の流れをサポートする働きが発見され、血圧のコントロールや心臓の痛みのケアに期待が高まっています。

成分説明…

アルテミシニン

キク科ヨモギ属の青蒿(セイコウ)、和名でクソニンジンやカワラニンジンという植物に含まれている成分のひとつです。中国では古くからマラリアの特効薬として使用されてきましたが、サプリメントでは胃腸のサポートに使用されます。

成分説明…

アルニカ

ヨーロッパ原産のキク科の多年草で、和名はウサギギクと言います。炎症や痛みを和らげたり、血行サポートが期待されており、アレルギーやアトピーのサポート、育毛などの化粧品に使用されることが多くあります。また、ホメオパシーに使用するレメディーのひとつとしても使われ、炎症・アレルギーのケアに支持されています。

成分説明…

アルファアミラーゼ

消化酵素のひとつです。でんぷんやグリコーゲンを分解して糖分に変える働きを持ちます。ごはんを噛んでいると徐々に甘くなってくるのは、唾液の中に含まれるアミラーゼが、ご飯のでんぷんを糖分に分解するためです。

成分説明…

アルファカロチン

緑黄色野菜に含まれる赤や黄色の色素のひとつで、カロチノイドのことです。体内でビタミンAに変わる率は、βカロチンの半分と言われていますが、近年ディフェンス力から生活習慣に役立つことが分かっています。

成分説明…

アルファガラクトシダーゼ

牛乳などに含まれる乳糖などから、糖の一種であるガラクトースを遊離するための酵素です。消化がスムーズに行われるよう、胃や腸に働きかけます。

成分説明…

アルファケトグルタル酸

体内でエネルギーを作り出しているクエン酸サイクルにおいて、重要な役割を担っています。また、グルタミンの前駆体でもあり、筋肉の成長をサポートしたり、脳や臓器、細胞を守る働きが期待されています。

成分説明…

アルファリノレン酸(ALA)

略称はALAといい、オメガ3とよばれる必須脂肪酸のひとつ。フラックスシードやシソの実など、植物の種子からとれる植物油に多く含まれています。体の中でDHAやEPAに変化する性質を持ち、血液の流れをサポートしてコレステロールや血圧に働きかけたり、スキンケアやアレルギーのサポートが期待されています。

成分説明…

アルファリポ酸(Rリポ酸)

アルファリポ酸(Rリポ酸)は、脂肪酸のひとつ。人間の体のなかにある、60兆個の細胞すべてに存在する成分です。食事でとった糖分をエネルギーに変えて、体のなかに溜めこまないようにしたり、血糖値のサポートに活躍します。年齢とともにその量は減っていくことから、中年太りと深い関わりを持つといわれています。また、紫外線や加齢のダメージから体を守るパワーも強く、その力はビタミンCの400倍と言われており、ダイエットだけでなくスキンケア商品にも人気の高い成分です。Rリポ酸は、アルファリポ酸の2倍のパワーがあると言われています。

成分説明…

アルファルファ

アルファルファは“全食物の父”と呼ばれ、関節や胃腸の健康サポートに古くから使われてきたマメ科の植物です。アルファルファの葉には8種類の必須アミノ酸やカルシウム、マグネシウム、カリウム、ベータカロチンなどが多く含まれています。また食物繊維を豊富に含むため、ダイエット食品の成分としても注目をあつめています。

成分説明…

アロエ

アロエは、アフリカ原産のユリ科の植物で、太古から原住民が薬草として珍重してきた成分です。現代でも切り傷や肌のケアに使ったり、食用にしたりと幅広く利用されています。食物繊維が豊富に含まれていることから、ダイエットやデトックスにも用いられる成分です。

成分説明…

アワプヒ

アワプヒは、ハワイをはじめとする各国で、洗髪などに古くから使用されている、生姜の花からとれるエキスのことです。髪の毛1本1本をしっとり艶やかにサポートする働きに期待がよせられています。

成分説明…

アンゼリカ

セリ科の多年草で、ハーブ成分として知られています。抗菌パワーがあることから、肺や気管の炎症サポートに使用されたり、腰痛やリウマチを和らげる働きに期待を集めています。また近年は特に、血行をサポートして女性特有のトラブルをサポートする働きが注目され、サプリメントの成分として人気をあつめています。

成分説明…

アンディロバ

アマゾンの南西部に生息している、“生命の木”という愛称をもつ植物です。肌を柔らかくして落ち着かせる働きが期待できることから、化粧品やシャンプーの成分として用いられています。

成分説明…

アントシアニン

ビルベリーやブルーベリーに豊富に含まれている紫色の色素で、ポリフェノールのひとつ。健康的な瞳のサポート成分として知られています。アントシアニンを補うことで、目で物をとらえて“見える”ということを脳にスムーズに伝えることが期待されていることから、アイケアサプリメントに用いられることの多い成分です。

成分説明…

アントラーベルベット

アントラーベルベットは、鹿の角成分のこと。中国漢方では不老長寿の三大妙薬のひとつとして、2000年以上前から滋養強壮に用いられてきました。成長段階にある鹿の角には、カルシウムやマグネシウム、カリウムなど、成長に必要な栄養素がたっぷり含まれており、成長ホルモンへの働きかけに期待が寄せられています。また、コラーゲンも含まれていることから、関節ケアやハリのある肌づくりにも注目されている成分です。

成分説明…

アンドログラフィス

中国やインドの森林などに生育する一年生の植物で、アジアでは古くから薬用ハーブとして知られている歴史のある成分です。鼻やのどの健康をサポートすることから、風邪やウイルスに対するディフェンス力の強化に使われています。

成分説明…

イースト

イーストは酵母のことで、人間にとって有益な発酵菌といわれており、自然界では果物や花などに存在しています。パンやお酒を発酵するときに使われる成分として広く知られていますが、ビタミンやミネラル、酵素、アミノ酸などの栄養成分がたっぷり含まれているほか、キノコで知られているベータグルカンやマンナンといった免疫力をサポートする優れた栄養分も含んでいます。

成分説明…

イエルバマテ

別名、ヨーバメイト。モチノキ科の常緑樹で、ネイティブアメリカンが古くから健康ハーブとして利用してきた成分です。イエルバマテの葉には、ビタミンやミネラル、ポリフェノール、アミノ酸などが豊富に含まれており、葉を煎じたマテ茶はダイエットやヘルスケアに広く愛飲されています。近年、抗酸化パワーに優れていることが発見され、抗酸化サプリにも用いられるようになりました。

成分説明…

イエロードック

イエロードックはヨーロッパ原産の多年草で、アメリカの草原でよく見られるハーブです。黄色い花をつけ、高さは大きなものでは2mを超えるほどに育ちます。鉄分を多く含んでいるため、女性の血行サポートや血液のサポートに役立てられてきました。欧米ではハーブティとして広く親しまれており、デトックスサポートや優しいお通じが期待できます。

成分説明…

イグナティアアマラ

ホメオパシーに使用するレメディーのひとつでイグナチア豆のことです。ストレスや鬱、不眠をサポートするレメディとして用いられ、悲しみや興奮への働きかけが期待されています。

成分説明…

イソフラボン

イソフラボンはおもに大豆に多く含まれるポリフェノールのひとつ。イソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンとよく似た働きをするため、生理のトラブルや更年期障害、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)にお悩みの方から愛用されている成分です。

成分説明…

イタドリ

タデ科の多年生植物で、日本や中国で古くから薬用ハーブとして使われてきた成分です。痛みを取る「痛取り(いたどり)」から名前が付けられたといわれており、泌尿器系のトラブルやお通じ、女性のヘルシーライフなど、さまざまな働きが期待されています。日本では山菜として食用にも人気があります。

成分説明…

イチョウ(ギンコ)

イチョウは欧米ではギンコビローバの名前で、昔から親しまれてきたハーブのひとつ。その葉には脳の血行をサポートするフラボノイドと、脳内の活性酸素(サビとなるもと)に働きかけるギンコライドが含まれています。記憶力や頭の回転のサポートが期待されており、脳内年齢をいつまでも若々しくいたいと願う多くの方に支持されているハーブです。

成分説明…

イヌリン

さまざまな植物によって作られる多糖類(糖が複数個くっついているもの)のひとつ。胃や十二指腸では消化されないため、腸の中で善玉菌のエサとなり、健やかな腸内環境をサポートします。また、カルシウムやマグネシウムの吸収をアシストすることから、サプリメントに用いられたり、消化されにくいことから低カロリーの甘味料としても使われています。

成分説明…

イノシトール

イノシトールはレバーやグレープフルーツに含まれるビタミンによく似た成分で、水溶性の性質があります。脂肪をエネルギーに変えて体の中にためこまないようにしたり、コレステロールのコントロールに活躍したりと、ビタミンBに似た働きをすることから、ビタミンB群のひとつに数えられることもあります。また、情報をやり取りする、細胞膜を作っている物質でもあるため、神経や脳細胞をサポートする働きも期待されています。

成分説明…

イプリフラボン

大豆に含まれる植物成分で、女性ホルモンエストロゲンと似たような働きを持ちます。女性のボディラインやヘルスケアに役立つほか、骨のカルシウムが血液に溶け出さないようサポートしたり、元気な骨を応援するカルシトニンというホルモンをアシストすることから、更年期の方や骨粗しょう症の方におすすめされています。

成分説明…

イランイラン

熱帯雨林に生育するハーブで、マレーシア語で「花のなかの花」という意味を持ちます。抽出されたオイルは甘くエロチックな女性的な香りで、アロマオイルとして高い人気を誇ります。ホルモンバランスをサポートして、スキンコンディションを高めることから、マッサージオイルやコスメに使われています。

成分説明…

インジュブ

体内にとどまりにくいと言われていたヒアルロン酸の分子を、特許取得の技術で細かくすることに成功、体へのなじみやすさをアップさせた特殊ヒアルロンサンです。通常のヒアルロン酸よりも保水力が高いと言われています。

成分説明…

インチャオ

銀翹散(ギンショウサン)とも呼ばれる漢方成分のひとつで、キキョウ、レンギョウ、キンギンカ、ハッカ、ケイガイ、カンゾウなど、数種類のハーブをブレンドしたものです。季節の変わり目など風邪をひきやすい時期に、ウィルスや細菌に対してディフェンス力を高めるとして、中国では伝統的に用いられています。

成分説明…

インディアンセージ

ネイティブアメリカンが250年以上前から愛用しているハーブで、古代ローマ時代にも珍重されていたシソ科の植物。ビタミン・ミネラルが豊富で、体のディフェンス力を高める働きも期待できることから、健康ハーブとして広く親しまれています。他にもデトックスやハッピーハーブ、生理サポートとしても用いられています。

成分説明…

インディウム

ホメオパシーに使用するレメディーのひとつでヨウ素のことです。甲状腺ホルモンへの働きかけが期待されています。

成分説明…

インベルターゼ

ショ糖(砂糖)を果糖とブドウ糖に分解する働きを持つ酵素です。消化がスムーズに行われるよう、大腸に働きかける消化酵素の一つです。

成分説明…

ウィートグラス

別名カモジグサとも呼ばれる、小麦草の若葉のこと。クロロフィルやビタミン・ミネラル、酵素が豊富に含まれており、青汁や健康サプリに利用されることの多い成分です。年齢や紫外線によるダメージから守ったり、血液の流れをサポートして代謝をアクティブにしたり、消化を助けたりと、幅広い働きが期待できます。

成分説明…

ウィートジャーム

小麦麦芽のこと。ビタミンやミネラル、優れた抗酸化パワーがたっぷり含まれていることから、シワやほうれい線などの年齢によって現れる肌サポートに期待がよせられており、美肌作りに期待が高まる成分です。

成分説明…

ウィートスプラウト

アミノ酸などの栄養がぎっしり詰まった小麦の新芽のことです。シワや老化の原因といわれるこのサビに働きかけて、いつまでも元気で若々しい体作りのサポートに期待の成分です。また、ビタミンA、C、EやCoQ10などのアンチエイジングパワーを引き出す役わりも期待されていることから、ワンランク上の若さを目指す方は積極的に摂りいれることがおすすめされています。

成分説明…

ウィートプロテイン

小麦に含まれているタンパク質のことで、保湿パワーやトリートメント力があることから、化粧品やシャンプーなどに含まれています。

成分説明…

ウィッチヘーゼル

別名ハマメリス。アメリカ東部とカナダを原産とする落葉性の低木で、ハーブのひとつです。葉や枝から抽出されるエキスにはタンニンが含まれており、毛穴の引き締めや皮脂バランスのサポートが期待できます。現在ではニキビケアコスメの成分としても広く利用されています。

成分説明…

ウォータークレス

野菜のクレソンのことで、水中または湿地に生育するアブラナ科の植物。シニグリンというワサビやダイコンなどと同じ抗菌性の物質が含まれています。ピリッと辛い味から、食欲増進に食事の付け合わせやサラダに人気の野菜です。鉄分や葉酸、カロテンが豊富に含まれています。

成分説明…

ウコン(ターメリック)

ウコンはインド原産のショウガ科の多年草で、別名ターメリックとも呼ばれるハーブです。肝臓サポートの働きが一般的に知られており、二日酔いのドリンクやサプリメントに利用されています。有効成分であるクルクミンは、特に秋ウコンに豊富に含まれているといわれています。

成分説明…

ウッドベトニー

シソ科の植物で、和名ではカッコウチョロギとも呼ばれるハーブです。古代ギリシャでは民間薬として、また邪気や毒気を払うお守りとしても使用されていました。ウッドベトニーの名前はケルト語の「頭に良い」という言葉からきており、その名の通り脳への働きかけが注目されています。神経をリラックスさせて頭をスッキリサポートすることから、頭痛や神経痛のケアサプリに用いられることの多い成分です。

成分説明…

ウワウルシ

ウワウルシは北半球の寒い地域に生育するツツジ科の常緑低木で、別名ウバウルシ、ベアベリーとも呼ばれます。ウワウルシの葉には泌尿器系をトラブルから守るアルブチンが豊富に含まれており、古くから結石や感染症などのトラブルサポートに使用されてきました。現在ではその優れた働きから、医学研究も進められています。

成分説明…

hGH

hGH(ヒューマン・グロース・ホルモン)は、ヒト成長ホルモンとも呼ばれており、人間の脳下垂体から分泌される成長ホルモンのことです。成長ホルモンは30〜40代を境に分泌量がグッと減るため、肌や体力などアンチエイジングに深いかかわりを持つといわれています。ハリウッド女優が愛用したことが話題となり、人気が広まった成分です。

成分説明…

エイピス・メル

ホメオパシーに使用するレメディーのひとつで、西洋ミツバチの毒のことです。尿トラブルへの働きかけが期待されています。

成分説明…

エキストラバージンオリーブオイル

オリーブの実から抽出したオリーブオイルの種類のひとつです。オリーブの実だけを原料に使い、一切化学的処理を行わないバージンオイルの中で、酸度が0.8%以下の高品質のものだけをエキストラバージンオリーブオイルと呼びます。生きたオリーブの恵みがたっぷり含まれており、風味もたいへん優れていることから、オリーブのフレッシュジュースとも言われ生食で利用されています。

成分説明…

エキナセア

エキナセアはキク科の多年草で、アメリカ先住民の間では万能薬といわれていたハーブです。人間が本来持っている自然治癒力や、病気やウィルスに対する免疫力を高めることが期待されており、風邪のひきやすい季節の変わり目などに用いられています。

成分説明…

エキナセア・アングスティフォリア

アングスティフォリア種のエキナセアのこと。エキナセアは、キク科の多年草で、アメリカ先住民の間で万能薬といわれていたハーブです。人間が本来持っている体を治す力や、病気やウィルスに対するディフェンス力を高めることが期待されており、風邪のひきやすい季節の変わり目などに用いられています。

成分説明…

エキナセア・パープレア

パープレア種のエキナセアのこと。エキナセアは、キク科の多年草で、アメリカ先住民の間で万能薬といわれていたハーブです。人間が本来持っている体を治す力や、病気やウィルスに対するディフェンス力を高めることが期待されており、風邪のひきやすい季節の変わり目などに用いられています。

成分説明…

エスターC

エスターCは、じっくり時間をかけて吸収されるように加工された新型のビタミンCのこと。ビタミンCの6倍の吸収力をもっていることから、ビタミンCの一歩先を行く成分として注目されており、サプリメントや化粧品に幅広く使われています。

成分説明…

エノキタケ

キシメジ科のキノコのひとつ。日本では鍋に入れたり料理の食材として親しまれています。免疫力をサポートする栄養食材として、知られています。

成分説明…

エラグ酸

エラグ酸は、ラズベリーなどの果物や木の実の中で作られるフラボノイドのひとつです。シミやくすみのもととなるメラニンに働きかけて、美白をサポートすることが期待されているため、サプリメントやスキンケア商品に用いられることが多い成分です。また体の中でダメージに立ち向かう、抗酸化パワーを持つことから、健康サポートにも注目されています。

成分説明…

エラスチン

エラスチンは肌の真皮層や血管壁、じん帯などに存在するタンパク質のこと。食品では牛スジ肉や手羽先などに含まれています。年齢とともに減少していくため、ハリや弾力のある若々しい肌作りのために、摂り入れる方が増えています。

成分説明…

エルゴカルシフェロール

ビタミンD2のことです。骨作りに欠かせないカルシウムが腸から吸収されるのをサポートします。

成分説明…

エルダーベリー

エルダーはヨーロッパやアメリカに広く生育するかん木で、花や実は「万能の薬箱」という愛称で古代ローマ時代よりさまざまな民間療法に使われてきました。消化器系の細胞をサポートするフラボノイドやタンニン、抗酸化パワーに優れたアントシアニンが豊富に含まれていて、体のディフェンス力を強力にサポート。特に、呼吸器官への働きかけに注目が集まっており、くしゃみやせき、鼻づまりのケアに使われることの多いハーブです。和名ではニワトコと言います。

成分説明…

エレウテロコックス

別名、エゾウコギ。高麗人参と同じウコギ科の植物です。肉体的、精神的にさまざまなストレスがかかる現代社会において、エネルギーの補給源として幅広い年齢層の方に支持されています。 

成分説明…

エレウテロサイド

エレウテロ(シベリアジンセン)に含まれる有効成分のひとつで、苦味成分です。ダメージをケアする酵素をサポートすることから、自律神経や更年期、生活習慣のメンテナンスに期待がよせられています。

成分説明…

エレキャンペーン

ヨーロッパ原産のキク科の植物で、オオグルマとも呼ばれるハーブです。古代ギリシャの時代から、呼吸器や心臓の薬用ハーブとして珍重されてきました。アルコールから胃を守る働きから、ロシアではウォッカの中に新鮮なエレキャンペーンの根を入れて保存しています。

成分説明…

エンゴサク

ケシ科の多年草で、漢方薬にも用いられます。鎮静パワーや血行をサポートする働きがあることから、生理痛などの女性特有のトラブルサポートが期待されています。

成分説明…

塩酸グルコサミン

グルコサミンの中でも分子が小さく、体への吸収に優れているといわれている成分です。グルコサミンは糖とアミノ酸が結びついたアミノ糖という物質で、人間の体内では軟骨や腱の中に多く存在しています。関節の潤滑油となる軟骨の材料となることから、ヒザやヒジなど節々の健康サポートに利用されています。

成分説明…

塩酸ベタイン

ベタイン(正式名称はトリメチルグリシン)に、体への吸収を考えて塩酸加工したもの。甘味・旨味に深く関わっており、ビート(砂糖大根)から精製される天然成分です。水分を抱え込んで肌に潤いを与え、みずみずしい肌を長時間キープしてくれることから、保湿目的で化粧品に利用されることが多い成分です。それ以外にも、胃液の酸度を調整したり、肝機能の強化に役立つことから、健康食品に幅広く配合されています。

成分説明…

エンドウ豆

グリーンピースやさやえんどうなど様々な種類があり、ビタミンB1やビタミンC、カルシウムなどのミネラルが豊富に含まれています。

成分説明…

燕麦

エンバク(燕麦)は、別名アベナサティバ、オーツ麦と呼ばれる、中央アジア原産のイネ科カラスムギ属の穀類のひとつ。ビタミンやミネラル、食物繊維といった栄養素がたっぷり含まれており、欧米ではシリアルのオートミールとして親しまれています。近年、この野生種から抽出されるエキスの男性ホルモン(テストステロン)との関わりが研究され、前立腺や男性機能対策、性欲サポートを目的とした多くの商品に使用されています。

成分説明…

オートストロー

オーツ麦から抽出されたハーブエキスです。古くから神経のための強壮薬として用いられてきました。神経に栄養をおぎなうとともに、緊張を和らげる働き、鎮静作用に期待が集まっています。別名、アヴィナサティバとも呼ばれます。

成分説明…

オートブラン

別名オーツ麦とも呼ばれる穀物のひとつです。食物繊維やビタミン・ミネラルがとても豊富で、シリアルやサプリメントとして広く愛用されています。オーツ麦には、他の穀物にはない水溶性の食物繊維のベータグルカンが含まれており、生活習慣病やダイエット、お通じのサポートに高い期待が寄せられています。

成分説明…

オートベータグルカン

麦に含まれている粘着性のある食物繊維のひとつで、お肌の鎮静化をサポートしたり、ガードする働きが期待されています。

成分説明…

雄牛胆汁抽出物

オスの牛からとられた胆汁エキスのこと。胆汁とは肝臓で作られる液体で、十二指腸で消化をサポートする物質です。食物中の脂肪に働きかけて細かく分解することから、消化・吸収のサポート成分として酵素サプリメントなどに利用されています。

成分説明…

オオグルマ

ヨーロッパ原産のキク科の植物で、エレキャンペーンとも呼ばれるハーブです。古代ギリシャの時代から、呼吸器や心臓の薬用ハーブとして珍重されてきました。アルコールから胃を守る働きから、ロシアではウォッカの中に新鮮なエレキャンペーンの根を入れて保存しています。

成分説明…

大麦若葉

イネ科の草本である大麦の若葉のことで、青汁の主な原料として知られています。葉緑素(クロロフィル)や各種ミネラル・ビタミン、酵素、タンパク質を多く含むことから、ディフェンス力の強化やアンチエイジングに期待が寄せられています。その栄養価は、ほうれん草と比較してもカリウムが18倍、マグネシウムが3.8倍、鉄が4.8倍、ビタミンA(カロチン)が6.5倍、ビタミンCが3倍、タンパク質が1.5倍と、とても優れていることがわかります。アメリカではバレリーグラス(バーリーグラス)と呼ばれています。

成分説明…

オクタコサノール

ポリコサノールに含まれる飽和アルコールのひとつで、果物の果皮などを覆っている植物ロウ(ワックス)や小麦胚芽から発見された物質です。心臓の血管サポートや、活性酸素(体のサビのもと)をケアする働きから、私たちの健康プロデュースへの活躍が期待されています。また最近では、体のなかに現れる悪玉コレステロールへの働きかけが話題となり、生活習慣のケアに支持されています。

成分説明…

オメガ3

オメガ3脂肪酸の略。脂肪酸は飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の2種類がありますが、そのうち不飽和脂肪酸はその構造からオメガ9、オメガ6、オメガ3に分けられます。魚油に多く含まれるDHAやEPA、シソ油などに多く含まれるアルファリノレン酸という成分はオメガ3に分類される脂肪酸。低温でもサラサラの性質を保つことから、血液の流れをサポートして、コレステロールや血圧のコントロールを応援します。他にも記憶力サポートやアレルギーケアなど、様々な働きが期待されています。

成分説明…

オメガ9

オメガ9脂肪酸の略。脂肪酸は飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の2種類がありますが、そのうち不飽和脂肪酸はその構造からオメガ9、オメガ6、オメガ3に分けられます。オリーブオイルに含まれるオレイン酸は、オメガ9に分類される脂肪酸。悪玉コレステロールに働きかけて心臓サポートを応援したり、セルフディフェンス力のアップに期待が寄せらています。脂肪酸はとりいれる割合が大切で、オメガ3、6、9を、それぞれ1:1:1の割合でとることが望ましいといわれています。

成分説明…

オリーブ

オリーブはモクセイ科の植物で、実やオイルは食用に、葉はハーブとして広く利用されています。オリーブの葉には様々なダメージからカラダを守る“オレウロペイン”というポリフェノールが豊富に含まれていることから、風邪やウィルスに対する免疫力の強化に期待がよせられています。またピロリ菌への働きかけにより、胃のトラブルに悩む方の健康サポートに注目を集めています。実からとれるオイルには、悪玉コレステロールに働きかけるオレイン酸が豊富に含まれており、血液の流れをサポートしてサラサラにすることが期待されています。オイルは食用だけでなく、コスメやマッサージオイルにも用いられています。

成分説明…

オリーブリーフ

オリーブの葉には様々なダメージからカラダを守る“オレウロペイン”というポリフェノールが豊富に含まれていることから、風邪やウィルスに対するディフェンス力の強化に期待がよせられています。またピロリ菌への働きかけにより、胃のトラブルに悩む方の注目ハーブとしても話題を集めています。

成分説明…

オルニチン

オルニチン(Lオルニチン)は、成長ホルモンと深いかかわりがあるアミノ酸のひとつ。私たちの体の中で筋肉を作りだしたり、余分なものがつかないようにエネルギー代謝をサポートする働きがあります。また、体にとって有害なアンモニアを尿素に変えて無毒化することで、体内環境をクリアにする働きに期待がよせられています。アルギニンと相性が良く、一緒にとることで健康的な美しさを効率よくサポートします。

成分説明…

オレイン酸

脂肪に含まれる栄養成分ので、オメガ6脂肪酸のひとつです。おもにオリーブオイルに含まれており、悪玉コレステロールに働きかけて心臓サポートを応援したり、セルフディフェンス力のアップに期待が寄せらています。

成分説明…

オレウロペイン

オリーブの葉に含まれているポリフェノールの一種です。様々なダメージからカラダを守る働きから、風邪やウィルスに対するディフェンス力の強化に期待がよせられています。またピロリ菌への働きかけにより、胃のトラブルに悩む方の注目ハーブとしても話題を集めています。

成分説明…

オレガノ

オレガノは、地中海沿岸地方が原産のシソ科のハーブで、欧米では料理に入れるスパイスとしておなじみです。オレガノには体の免疫力アップが期待されている“カルバクロール”が含まれており、何となく頭が痛い、食欲が無いなど風邪の引き始めの症状が出たときや、風邪の予防に期待がよせられています。別名、カルバクロール。

成分説明…

オレゴングレープ

日本ではヒイラギメギと呼ばれるメギ科の植物で、アメリカ北部原産のハーブです。グレープとよばれていてもブドウとは全く異なる植物です。オレゴングレープの根には、アルカロイドの一種であるベルベリンという苦味成分が含まれており、胃腸サポートや、抗炎・風邪などのボディサポートに利用されています。

成分説明…

オレンジ

ミカン科の植物のひとつで、果実を食用にします。クエン酸やビタミンCを豊富に含み、美容・健康に愛されているフルーツです。また、皮から抽出されたオイルに優れた洗浄力があることから、シャンプーや洗剤の成分としても利用されています。

成分説明…

オレンジブロッサム

オレンジの花のことです。爽やかな香りで乾燥させたものはハーブティーなどに使われます。緊張やストレスをほぐすことが期待されていたり、血流のサポートにも人気です。

お問い合わせ初めての方へFAQ会社案内特定商取引に基づく表記プライバシーポリシーサイトマップ

COPYRIGHT 2003-2012 SAPOO ALL RIGHTS RESERVED.